ホーム>施設・サービス>平成29年度 教員免許状更新講習(eラーニング)

平成29年度 教員免許状更新講習

対面方式による29年度教員免許状更新講習(7/31~8/5実施)は終了いたしました。

eラーニングによる教員免許状更新講習

「公益財団法人大学セミナーハウス」のシステムとコンテンツを活用したeラーニングです。

eラーニング申込

<注意>申込完了後、自動送信メールに「申込書等」ファイルが添付されます。ご自身でダウンロードし印刷する必要があります。


受講のログインページはこちら (あなたのID、パスワードを入力すると受講画面にログインできます。)


※「ID:ユーザー名」と「パスワード」は、「申込書」の郵送と受講料の入金が完了したことが確認できますと、お申込みの際に登録いただいたご自身のメールアドレス宛に受講確定メールを送信し、受講の際に必要な「ID:ユーザー名」と「パスワード」をお知らせします。


概要

(1) インターネットに繋がるパソコン(Windows)があれば、自宅でいつでも、何度でも繰り返し、お好きな時間に受講できます。

<注意1>スマートフォンでは動画が表示されません(音声、資料のみが表示されます)。

体験動画を視聴する(ご自身のPC・スマートフォンで視聴できるかお試しください。)


(2) 試験は関西国際大学で受験していただきます。
<注意2>下記の関西国際大学が定めた修了認定試験日の中から選び、遅くとも希望試験日1週間前までに予約してください。
試験日予約方法は、受講開始後、メール menkyo@kuins.ac.jp まで。


 修了認定試験日  2017年 2018年
①10/1(日) ②11/11(土) ③12/17(日) ④1/20(土) ⑤3/25(日)
 各日程13:00~試験開始(1科目の試験制限時間は40分、受験人数・試験科目数によって時間変更あり) 


(3) 試験の合否結果は試験終了直後にお知らせし、合格者にはその場で履修証をお渡しできます。

<注意3>不合格者は、試験日に再試験料(1,000円/1回)を払えば、2回まで再試験可能です。


(4) 文科省により、更新講習は必修科目を1科目(6時間)、選択必修科目を1科目(6時間)、選択科目を3科目(18時間)の合計30時間を受講することが定められています。 本eラーニング講習では、手続きに必要とされる30時間の全科目を受講することが可能です。 また、1科目(6時間)単位の部分受講も可能です。


募集期間

平成29年(2017年)9月1日(金)~平成30年(2018年)3月9日(金)

受講期間

「ID:ユーザー名」と「パスワード」取得後~平成30年(2018年)3月24日(土)

受講料

1科目(6時間)当り9,000円

eラーニング申込


提供科目の一覧  体験動画を視聴する

<ご注意>以下の「選択必修科目」と「選択科目」については同一科目名の講習を選択することはできません。


【必修領域】
eラーニングによる教育の最新事情 
時間  6
講師 蔦澤 元晴(早稲田大学大学院講師、実践女子大学講師)
加藤 彰彦(沖縄大学名誉教授、NPO法人ワーカーズコープ顧問)
概要 本講習では、「学校をめぐる近年の状況の変化」、「法令改正及び国の審議会の状況」、「学習指導要領の改訂の動向」により、国の最新の教育政策・教育改革の動向について理解を深める。
さらに、「子ども観と教育観の形成」、「子どもの成長とその支援」、「子どもの生活環境の変化」を紹介することにより、子どもについての最新の知見を提供する。

【選択必修領域】
教育相談への期待と課題――不登校・いじめの克服をめざして―― 
時間  6
講師 加藤 彰彦(沖縄大学名誉教授、NPO法人ワーカーズコープ顧問)
対象領域 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要 教育の役割は教科学習が中心だが、その根底には社会人(自立した市民)として育てるという役割もある。
そのためさまざまな問題(不登校、いじめなど)を抱え苦しんでいる子どもたちの相談にのり、課題を共有しつつ乗り越えていく支援をすることが重要である。
問題を子どもと共有しつつ、家庭、学級の生徒、学内外とも協力し、課題を解決し、また教育のあり方を改善していくことも目指していく。

【選択必修領域】健やかな子どもの生と性を育むために――性の人権、科学、道徳について考える――  
時間  6
講師 村瀬 幸浩(”人間と性”教育研究協議会幹事、日本思春期学会名誉会員、季刊雑誌『sexuality』副編集委員)
対象領域 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要 本講習ではまず、「性」について子どもたちに学ばせることの意義、必要性を理解していただく。
つぎに、人の生命のなりたち(出産・出生)について、さらに「からだ」と「性」、「心」が成長し変化しながら大人になっていく状況を説明したい。
最後に、人権・科学・道徳的観点からどのような指導、アドバイスがふさわしいかを紹介したい。

【選択必修領域】情報教育の基礎と教育へのICT活用
時間  6
講師 有賀 清一(桜美林大学専任講師)
対象領域 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要 本講習では、最初に情報の基礎を概説し、情報リテラシーと情報モラルとは何かを説明し、扱い方次第で危険なものであることを理解していただく。ついでICTを活用することによってコミュニケーションがいかに豊かになるかを理解していただく。具体的には、アクティブラーニングやeラーニング作成方法など、授業運営に活用できるノウハウを提供したい。

【選択必修領域】学校危機管理 ――3つのLackの視点から―― 
時間  6
講師 蔦澤 元晴(早稲田大学大学院講師、実践女子大学講師)
対象領域 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要 近年、学校の内外には「学校危機」に直結する様々な問題が起き、その度に学校危機管理のありようが問われている。本講習では、「学校危機」は何故に起きるのかを3つのlack(欠如)という視点から考察するとともに、その未然防止(リスクマネジメント)のあり方や手法、心構え等についても考えていきたい。

【選択必修領域】学校、家庭、地域との連携と協働 
時間  6
講師 加藤 彰彦(沖縄大学名誉教授、NPO法人ワーカーズコープ顧問)
対象領域 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要 現代の子どもの成長を支える機能は、学校教育だけではその内容の多様さと複雑さのため限界があることは明らかである。そこで、子どもたちの生活している地域社会をもう一つの学びの場として位置づけ、地域社会との連携をはかりつつ協力し、子育てすることが必要となってくる。
本講座では、学校を地域に開き、家庭・地域と連携して学ぶ新たな学校教育のあり方を考察し、地域づくりの拠点としての学校のあり方をめざす教育論を展開する。

【選択必修領域】人権、共生、道徳に関する性の学習――思春期の性と生を育てる 
時間  6
講師 村瀬 幸浩(”人間と性”教育研究協議会幹事、日本思春期学会名誉会員、季刊雑誌『sexuality』副編集委員)
対象領域 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要 思春期を境に子どもたちのからだ、こころは大きく変化する。その変化は性意識、性行動にあらわれやすく、子どもたちを不安にし悩ませることになる。このことについて指導する人たちは改めて深く理解し、子どもたちが直面する自立の課題に立ち向かえるよう援助したいものである。また性の問題は人権と相即不離であるとともに人の生き方、道徳とも深くかかわるテーマでもあることをわからせ指導したい。本講習では性の問題をとおし、道徳教育や指導についても考える。

【選択必修領域】様々な教育課題をかかえる学校の現状と組織的対応 
時間  6
講師 大和久 勝(特別ニーズ学会、日本生活指導研究所、全国生活指導研究会所属)
対象領域 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要 本講座では、様々な教育課題をかかえる学校の現状を踏まえ、組織的対応の必要性、学校組織の一員として行動するマネジメント・マインドの重要性、学校・家庭・地域社会との連携の在り方などについて考察する。いじめの問題、不登校や虐待の問題、発達障害理解の問題、保護者の問題などは、組織的対応をいかにつくり出していくかが問題解決のカギとなることを理解していきたい。

【選択領域】教育相談への期待と課題――不登校・いじめの克服をめざして―― 
時間  6
講師 加藤 彰彦(沖縄大学名誉教授、NPO法人ワーカーズコープ顧問)
対象領域 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要 教育の役割は教科学習が中心だが、その根底には社会人(自立した市民)として育てるという役割もある。
そのためさまざまな問題(不登校、いじめなど)を抱え苦しんでいる子どもたちの相談にのり、課題を共有しつつ乗り越えていく支援をすることが重要である。
問題を子どもと共有しつつ、家庭、学級の生徒、学内外とも協力し、課題を解決し、また教育のあり方を改善していくことも目指していく。

【選択領域】健やかな子どもの生と性を育むために――性の人権、科学、道徳について考える――  
時間  6
講師 村瀬 幸浩(”人間と性”教育研究協議会幹事、日本思春期学会名誉会員、季刊雑誌『sexuality』副編集委員)
対象領域 教諭、養護教諭
概要 本講習ではまず、「性」について子どもたちに学ばせることの意義、必要性を理解していただく。
つぎに、人の生命のなりたち(出産・出生)について、さらに「からだ」と「性」、「心」が成長し変化しながら大人になっていく状況を説明したい。
最後に、人権・科学・道徳的観点からどのような指導、アドバイスがふさわしいかを紹介したい。

【選択領域】情報教育の基礎と教育へのICT活用
時間  6
講師 有賀 清一(桜美林大学専任講師)
対象領域 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要 本講習では、最初に情報の基礎を概説し、情報リテラシーと情報モラルとは何かを説明し、扱い方次第で危険なものであることを理解していただく。ついでICTを活用することによってコミュニケーションがいかに豊かになるかを理解していただく。具体的には、アクティブラーニングやeラーニング作成方法など、授業運営に活用できるノウハウを提供したい。

【選択領域】学校危機管理 ――3つのLackの視点から―― 
時間  6
講師 蔦澤 元晴(早稲田大学大学院講師、実践女子大学講師)
対象領域 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要 近年、学校の内外には「学校危機」に直結する様々な問題が起き、その度に学校危機管理のありようが問われている。本講習では、「学校危機」は何故に起きるのかを3つのlack(欠如)という視点から考察するとともに、その未然防止(リスクマネジメント)のあり方や手法、心構え等についても考えていきたい。

【選択領域】学校、家庭、地域との連携と協働 
時間  6
講師 加藤 彰彦(沖縄大学名誉教授、NPO法人ワーカーズコープ顧問)
対象領域 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要 現代の子どもの成長を支える機能は、学校教育だけではその内容の多様さと複雑さのため限界があることは明らかである。そこで、子どもたちの生活している地域社会をもう一つの学びの場として位置づけ、地域社会との連携をはかりつつ協力し、子育てすることが必要となってくる。
本講座では、学校を地域に開き、家庭・地域と連携して学ぶ新たな学校教育のあり方を考察し、地域づくりの拠点としての学校のあり方をめざす教育論を展開する。

【選択領域】人権、共生、道徳に関する性の学習――思春期の性と生を育てる 
時間  6
講師 村瀬 幸浩(”人間と性”教育研究協議会幹事、日本思春期学会名誉会員、季刊雑誌『sexuality』副編集委員)
対象領域 教諭、養護教諭
概要 思春期を境に子どもたちのからだ、こころは大きく変化する。その変化は性意識、性行動にあらわれやすく、子どもたちを不安にし悩ませることになる。このことについて指導する人たちは改めて深く理解し、子どもたちが直面する自立の課題に立ち向かえるよう援助したいものである。また性の問題は人権と相即不離であるとともに人の生き方、道徳とも深くかかわるテーマでもあることをわからせ指導したい。本講習では性の問題をとおし、道徳教育や指導についても考える。

【選択領域】様々な教育課題をかかえる学校の現状と組織的対応 
時間  6
講師 大和久 勝(特別ニーズ学会、日本生活指導研究所、全国生活指導研究会所属)
対象領域 教諭、養護教諭、栄養教諭
概要 本講座では、様々な教育課題をかかえる学校の現状を踏まえ、組織的対応の必要性、学校組織の一員として行動するマネジメント・マインドの重要性、学校・家庭・地域社会との連携の在り方などについて考察する。いじめの問題、不登校や虐待の問題、発達障害理解の問題、保護者の問題などは、組織的対応をいかにつくり出していくかが問題解決のカギとなることを理解していきたい。

eラーニング申込

対面方式による29年度教員免許状更新講習(7/31~8/5実施)は終了いたしました。

pdf 平成29年度 関西国際大学 教員免許状更新講習 募集要項 (対面方式・7/31~8/5実施分)


◆必修・選択必修・選択の3つの領域講習について

平成28年度より教員職員免許法施行規則等の一部改正により、講習内容が変更になりました。
<改正前>必修領域講習12時間、選択領域講習18時間
<改正後>必修領域講習6時間、選択必修領域講習6時間、選択領域講習18時間
詳細については、文部科学省ホームページ内の「免許状更新講習における選択必修領域の導入について(通知)」をご覧ください。

受講対象者と修了確認期限をチェック (対象者以外の方は、本学ではお断りさせていただいております。)

受講対象者

修了確認期限をチェック
【注意】ご自身の修了確認期限がわからない方は、大学にお問い合わせされる前に、まず文部科学省の教員免許更新制のホームページや、免許管理者(都道府県教育委員会)でご確認してください。

 

旧免許状所持者で、認定こども園、認可保育所の保育士及び幼稚園を設置する者が設置する認可外保育施設の保育士としてお勤めの方 は、下記PDFファイルを必ず確認してください。

申込・受講にあたって、不明な場合は、文部科学省の教員免許更新制 のホームページや、免許管理者(都道府県教育委員会)でご確認ください。

講習に関するお問い合わせ先

関西国際大学(尼崎キャンパス)教員免許状更新講習係
〒661-0976 兵庫県尼崎市潮江1-3-23
TEL:06-6496-4103 / FAX:06-6496-4321 
(電話お問い合わせ受付時間:平日9:30~17:00) 
E-mail:menkyo@kuins.ac.jp (終日送信可)

2017.8.25更新

奨学金

サッカー部

硬式野球部

硬式テニス部

大学ポートレート

三木キャンパス

三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

〒673-0521

兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

TEL:0794-85-2288(代表)

アクセスはこちら


尼崎キャンパス

尼崎キャンパス尼崎キャンパス

661-0976

兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

TEL:06-6498-4755(代表)

TEL:06-6496-4120(入試課)

アクセスはこちら

Kansai University of International Studies ©All rights reserved.