特色ある教育

    講師 岸本 喜代子 (Kiyoko Kishimoto)

    所属学部 保健医療学部 看護学科
    専門 母性看護学、助産学

    講師 岸本 喜代子

    主な担当科目

    母性看護学援助論、助産技術援助論、母性看護学実習、助産学実習

    ico_Q1.png

    現在の研究テーマ(または専門分野)とその専門分野を志した理由・きっかけを教えてください。

    母性看護学実習で分娩を見学させていただいて、感動体験をしたことがきっかけですが、子育てをしている母親が好きで長く関わっていきたいと思い保健師の資格も取りました。主に地域での活動を中心にしてきましたので、新生児訪問、乳幼児健診、子育てサークル、性教育、性暴力・DVなどを通じて思春期から更年期・老年期まで幅広く女性の支援を行なってきました。その中でも、性教育、ジェンダーの問題に興味があります。

    ico_Q2.png

    プロフィール

    高校時代は試験前に勉強する程度でしたが、看護学校に入ると入学早々「勉強しなければついていけない」と教頭先生に言われ、それからは真面目に、コツコツと勉強をしました。そのおかげで、3年生の臨地実習時には看護実践が知識と結びついてとても面白かったです。また看護学が理解できていたので、看護師国家試験と保健師養成校の受験、保健師国家試験と助産師養成校の同時受験はスムーズにできたと思っています。

    ico_Q3.png

    助産師の仕事をしてよかったと思ったことは何ですか?

    命の誕生に立ち会えることです。特に妊娠の時から気になってずっと関わっていた方の分娩を一緒に喜び合えたとき、そして入院中にも関わって退院の日に笑顔で「おめでとございます」。「いつでも電話してきても大丈夫」と言いながらお見送りできたことです。

    それともう一つ。性教育に行って私の話を聞いてくださった中学生が、何年後かに助産師として挨拶してくれたときです。

    ico_Q4.png

    助産師の仕事をして辛かったことは何ですか?

    死産を経験されたお母さんを目の前にしたとき。

    ico_Q5.png

    高校生へのメッセージ

    駅伝が好きです。テレビで放送されると何時間も拘束されるので困ったものだと思いつつ、目が離せません。人それぞれの強みを生かす、弱みをフォローする。そして多様な人々がチームを組むことにより力を発揮する。

    看護を提供するのも同じだと思うのです。患者様は、年齢も体験も様々です。性格も様々です。そういう方たちにチームを組んで看護を提供します。

    ですから、看護師も色々な人がいてこそ対応ができると思います。

    「私は・・・ができない」と思って自信がない学生は、自分の弱みがわかっているので、それを人に伝えることができた時点で強みに変えられる、そして様々な人に対応できる可能性があることを知ってもらいたいと思います。

    ico_Q6.png

    講演・取材など協力可能なテーマ

    「小・中学校での性教育」「女性のプレ更年期・更年期、月経前症候群」など。

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0004 

    兵庫県神戸市中央区中山手通6丁目5番2号

    TEL 078-371-8000(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.