特色ある教育
    ホーム>学部・学科>人間科学部 人間心理学科>最新情報>【人間心理学科】卒業生からのメッセージ「大学時代の経験が、すべての基盤になっています」

    【人間心理学科】卒業生からのメッセージ「大学時代の経験が、すべての基盤になっています」

    大学3年生の時、臨床心理学の授業で心理臨床家の基本的なスタンスや、専門性、心を理解する視点などを勉強しました。そして、それがきっかけで、この先生のもとで学んで臨床心理士になって人の役に立ちたいと思い、この大学院に進学しました。


    大学院では、専門的で実践的な学びとトレーニングができました。在学中、実習として、付属の心理臨床センターの親子並行面接のケースで、先生が親を、自分は子ども面接を担当しました。毎回の面接後の先生との打合せでは、たくさんのことを学ばせていただきました。また、先生に面接に陪席して直接学ぶことができましたし、カンファレンスでもたくさんの指導を受けることができました。先生方からは、ほどよい緊張感と安心感の中で、厳しくも温かく指導していただき、大いに学べました。また、一緒に学ぶ同級生たちとは支え合い、高め合う関係で、刺激的な学修環境だったと思います。

    また、大学院を修了した後も、心理臨床センターでケースを担当し、経験を積むことができました。また、それらのケースのカンファレンスなどを通して先生方の指導を受けることができ、実践的な学びを深められました。


    このように、在学中はもちろん、修了後も、この大学院での経験したことは、私の心理臨床の専門職としての活動すべての基盤であり、心強い柱になっています。「関西国際大学大学院で学んでよかった!」「先生方や仲間に出会えてよかった!」と思っています。


    臨床心理士の資格を取得し、数年が経過しました。その間、様々な領域で実践を重ね、現在は診療所で働いています。最近では大学院生や新人のスクールカウンセラーの指導のお手伝いに声を掛けていただくこともあり、少しは成長できているのではと思っています。ただ、正直言って、日々の実践では、自分の成長を感じられるようなことはなかなかなく、今なお勉強の毎日です。今でも大学院の先生方などには、いろんなことを相談させてもらっています。


    今も前向きな気持ちで仕事をしていられるのは、この大学院学んだからこそと感謝しています。これからも、自分が大学院で「出会えてよかった」と思っているように、クライエントの方々にも「出会えてよかった」と思ってもらえるよう精進していきたいと思っています。

    01.jpg

    有賀 大輔 さん 清水小児科 勤務

    (常勤臨床心理士、兵庫県スクールカウンセラー)

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.