特色ある教育
    ホーム>学部・学科>人間科学部 人間心理学科>最新情報>【人間科学部】< 心理学コラム >『心理カウンセリングと夢』

    【人間科学部】< 心理学コラム >『心理カウンセリングと夢』

     

    【2019年4月25日】

    「夢ってなんだろう」という題の絵本があります。私はこの絵本に小学3学年生のときに出会いました。そして、強い印象を受けました。

     

    まず、夢を扱っていることにびっくりしました。それまで、図鑑のような本ならよく見ていました。昆虫図鑑、植物図鑑、動物図鑑にはじまって、恐竜、乗物、山、海、石、星、宇宙、などなど自分をとりまくいろんなものに興味を持っていました。


    子どもはみんな図鑑が好きです。今でも、本屋さんに行くと、子どもの本のコーナーには、たくさんの新しい図鑑が並んでいます。

    ところが、夢を扱っているこの本は、図鑑とは違いました。昆虫や動物や植物、海や星や宇宙について書いてある図鑑と同じように、この本には夢のことが書いてある。でも図鑑とは違う。なぜか違う。それが不思議で、衝撃的でもありました。

    ehon_boy.png

    それは、また、「夢について考えることができるんだ!」ということの発見でもありました。もちろん、当時も夢は見ていましたし、この本に書いてある夢が何のことかはわかりました。でも、当時の私は、おばけを真剣に怖がっていたぐらいなので、大人になった今のように夢と現実との区別はなく、そのときそのときで心をとらえるものに夢中になって、ひたすら生きていたようです。

    yume_man.png

    そんな中で、「夢ってなんだろう」と問いかけるこの本のスタンスは独特で、それまで読んだことのある本とは異質な印象を受けました。表紙の絵も中の絵も、夢という題材にぴったりな不思議な絵でした。言葉にすると「なんじゃこりゃ!」という感じでしょうか。


    今、私は心理カウンセリングの仕事をするときに、その方が寝ているときに見る夢を、教えてもらうことがあります。

    夢は心のことを理解するうえで、けっこう役に立ちます。それは、たぶん私たちが「夢」と呼んでいる出来事と、「心」と呼んでいる出来事が、非常に似ているからではないか、と今は考えています。

    心理学では、心の内容は意識されるものだけではなく、意識されない内容があって、それを無意識と呼んでいます。

    そして夢は無意識からのメッセージと考えられています。「わたしは今度、〇〇のコンサートに行く。前行った時もむちゃくちゃ良かった。〇〇は最高。」「この前、学校であの人に話しかけてみたけれど、話がかみ合わなくて、気まずかった。もう話しかけないでおこう。」

    こうした誰もが体験する日常の「私」の体験は、実は、無意識では全く違う体験として味わっている可能性があります。そうした可能性を、夢は少しずつ、私たちに教えてくれます。ただ、多くの場合、見た夢は「なんじゃこりゃ!」と体験されて終わったり、あるいは忘れられてしまうことが多いです。

    准教授 山本喜晴

    【 人間科学部 人間心理学科 山本 喜晴 准教授 】

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.