特色ある教育
    ホーム>学部・学科>人間科学部 人間心理学科>最新情報>【人間科学部】最近、発生した重要特異事件について、中山教授が三木市で講演

    【人間科学部】最近、発生した重要特異事件について、中山教授が三木市で講演

     

    【2019年9月20日】

    9月17日、緑が丘公民館に置いて、本年、発生したいくつかの重要特異事件について、人間心理学科の中山教授が、講演を行った。

    対象となったのは、いずれも本年5月から8月の間に発生したもので、(1)カリタス小学校児童らに対する殺傷事件、(2)農水省元事務次官による実子殺人事件、(3)千里山交番けん銃強奪事件、(4)京都アニメーションにおける現住建造物等放火殺人事件、(5)常磐道あおり運転事件であった。

    今回は、わずか4か月という短期間に起きた、それぞれの事件について、キーワードを示すとともに、相互の関連性と、背景にある現代社会の病理につて解説を行った。


    まず、農水省元事務次官による事件は、引きこもり中でDVを繰り返す息子が、カリタス小学校事件に触発されて、同じように小学生を殺すのではないかと危惧したことが原因で発生したことは明らかである。この2つの事件の背景には『8050問題』も挙げられる。

    また、農水省事件では実子を殺害することで次に起こりそうな殺人事件を未然に防ごうとしたのに対し、千里山交番の事件では防犯カメラの映像を見た父親が警察に「犯人は自分の息子ではないか」と通報したことが決め手になって、事件の早期解決に結びついた。ということから、エリートの父親にあこがれつつも、そうはなれなかった子どもの挫折と、父親が自ら事件の幕引き役を演じたという共通性が見受けられる。


    そのほかにも、いくつかの関連性について講演し、最後に、以下に示したスライドを使ってまとめとした。

    01.jpg

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.