特色ある教育
    ホーム>学部・学科>教育学部 教育福祉学科>最新情報>【教育学部】「あなたは、お金が好きですか?」~仕事とキャリア形成Ⅰの講義から~

    【教育学部】「あなたは、お金が好きですか?」~仕事とキャリア形成Ⅰの講義から~

     

    【2019年5月10日】

    「あなたは、お金が好きですか?」と尋ねたら、皆さんはどのように答えますか?


    上の問いは、2年生春学期の必修科目「仕事とキャリア形成Ⅰ」という講義で尋ねたものです。

    受講生の皆さんは、「好きです」と素直に回答した人が80%強、後は「わからない」がほとんどで、「嫌い」と回答した学生はいませんでした。

    「お金が一番好きですか?」とか「お金だけが好きですか?」と尋ねているわけではないのに、このような質問をすること自体、何となくためらいを感じるのは、日本人の道徳的な価値観の中に「お金」に対して独特な感覚があるのかもしれません。

    さらに、「お金」の持つ特有のパワーやエネルギーに対して、無意識に我々が何かを感じてしまうからかもしれません。


    さて、なぜこのような問いをしたのかというと、「キャリア教育」において、将来の「仕事」というものを考えていく上で、「お金」は切り離せないものだからです。

    ちなみに、江戸時代の町衆は「稼ぎ三割」=自分の食い扶持を確保するための仕事と、「仕事七割」=コミュニティへの無償の奉仕(ボランティア)を美徳として生きていたといわれています。

    現在は、「仕事」の中に「稼ぎ」という概念も一緒になっており、分けて考えることが難しくなっているようですが、確かに好きなことを仕事にできたら、それはきっとお金の大小に関わらず、幸せなことなのかもしれませんね。


    さて、「キャリア教育」という言葉や考えは、その当時から問題とされていた若者のフリーター志向や引きこもり等の社会状況を受けて、1999年の中央教育審議会答申で提言され、その後大学において普及が進んだものです。

    学生から社会人へ、初めて踏み出す世界への不安は大きいものでしょう。そのために、この「キャリア教育」もあります。

    「ブラック企業」の問題や「人手不足」さらには「働き方改革」、「ソサイエティ5.0」など、急速に社会の変革が進んでいます。

    社会への最後の出口として、大学での学びを活用しましょう。本学での多様な学びはすべて、そのために用意されています。


    ところで皆さん、「本当にお金が好きですか?」

    本当はモノが買えるから好きだと思っているだけではありませんか?

     

    (担当:こども学専攻 百瀬 和夫)

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.