特色ある教育

    福祉学専攻

    福祉学専攻

    目的によってコースを選択
    福祉で活躍できる実践的な知識を修得

    ともに生きる社会に貢献し、グローバルな視点を持った社会福祉の専門職をめざす「社会福祉専修コース」、
    こども家庭福祉の専門職を養成する「福祉・保育コース」を選択。福祉現場で活躍できる知識を実践的に学びます。

    卒業後の進路

    ●福祉事務所 ●教育委員会(スクールソーシャルワーカー) ●児童自立支援施設 ●社会福祉協議会 ●保育所 ●乳児院 ●児童相談所 ●社会福祉施設(児童・障がい・高齢者) ●児童養護施設 ●児童家庭支援センター

    めざす資格・免許

    ●保育士資格(福祉・保育コースのみ) ●社会福祉士(国家試験受験資格) ●スクール(学校)ソーシャルワーク教育課程 ●防災士

    学びのポイント

    ◆体験と学びの往還を通した現代社会の福祉を学習

    福祉を必要とする人々や、それらの人々を支援する機関や団体への具体的なかかわりを通して、現代社会に必要とされる福祉のあり方を具体的に学んでいきます。

    ◆地域の福祉をマネジメントできる力を獲得

    実践的な学びを通して、地域の課題を見出し、関係する人々や機関・団体を結び付け、問題解決に向けて具体的に協働できる力を身につけます。

    ◆地域共生社会の安全・安心を実践できる専門職養成

    社会福祉士、保育士、スクールソーシャルワーカーの資格に合わせて、「防災士」の資格取得もめざします。安全・安心を支える福祉の専門職としての付加価値を高めます。

    4年間の学びのステップ

    教育目標▶グローバルな視野に立った教養と専門知識・技術を修得し、専門職として活躍できうる実践力を身につけた教育・福祉の人材を養成する。

    step04.png

    専攻のPickup科目

    ◆公的扶助論

    格差が拡大する中、生活保護受給者が増加しています。授業では、生活保護の基本的な仕組みを理解するとともに、急増する保護動向による自治体財政、自立支援のあり方、保護の実施体制などの影響や課題について議論したいと思っています。

    ◆スクールソーシャルワーク論

    家庭や学校、社会で起こる、こどもと親をめぐるさまざまな問題を解決するソーシャルワークの視点を養います。さらに、こどもにかかわる教育・心理・医療など各分野と連携した「チームアプローチ」について学びを深めます。

    ◆社会福祉基礎

    私たちの送る日常生活では、生きづらさを感じるさまざまな場面があります。そのような個々の経験が、社会で起きている問題とどのようにつながっているのかについて考えていきます。そして、社会福祉の基礎となる人権について理解を深めます。

    教員からのメッセージ

    道中教授

    経験豊富な教授陣が指導。実践的学びで専門知識・援助技術を学修


    道中 隆 教授
    ■社会保障論
    ■社会福祉概論


    専門知識や援助技術を学ぶと同時に、保健福祉の行政から福祉の現場まで、経験豊富な教授陣が学生一人ひとりの将来に向けてきめ細かな指導を実施しています。講義のなかで、さまざまな教育・福祉の実践現場で働く人やその仕事内容に触れる機会を多く設けているのが特徴。支援が必要な方々への相談援助の技術を身につけ、関連資格も取得することができます。志や目標を高く持って努力してください。


    [経歴]
    追手門学院大学文学部心理学科卒業。大阪府立大学大学院修士課程修了。 帝塚山大学大学院修了。大阪府入庁、厚生省生活保護指導監督、大阪府池田児童相談所児童福祉司などを歴任。
    [著書]
    『第2版貧困の世代間継承ー社会的不利益の連鎖を断つ(単著)』『生活保護の面接必携Ⅰ(共著)』 など

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0004 

    兵庫県神戸市中央区中山手通6丁目5番2号

    TEL 078-371-8000(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.