特色ある教育
    ホーム>最新情報一覧>【国際交流センター】グローバルスタディII(フィリピン/セブSL)の活動報告(3)

    【国際交流センター】グローバルスタディII(フィリピン/セブSL)の活動報告(3)

    2月8日より開始された『グローバルスタディⅡ(フィリピン/セブSL)』の現地からの最終報告が届きましたので、ご紹介します。

    このプログラムでは、「フィリピンのコミュニティと教育問題を体感する」をテーマに、主にフィリピン・パナイ島のコミュニティでサービスラーニング活動を目的に、尼崎・三木両キャンパスの23名が参加をしました。
    学生たちは、2月10日から主にパナイ島イロイロ市ナバイス村というコミュニティでサービスラーニング活動に取り組み、2月22日に日本へ帰国をしました。

    今後は、3月に事前学修での学びの振り返りと、4月の学内で活動報告会を実施する予定です。

    ≪現地からの報告≫

    GSフィリピンの最後の報告は、本学学生によるフィリピン人バディとの活動、デイケア・センターの子どもへのフィーディング、養豚・紙ビーズアクセサリ作りの職業体験についてです。

    バディ活動では、2人の本学学生と1人のフィリピン人学生がバディを組みます。
    1日のはじまりは、コミュニティ・センターでのウォーミングアップ・ゲーム。それからバディのお宅訪問で、貧困家庭の生活を体験します。2日間家族の一員として、料理、洗濯(手洗い)、掃除、お皿洗いを手伝いました。

    貧しいコミュニティであるイロイロ市 マンドリアオ地区 ナバイス村のデイケア・センターは、日本のデイケア・センターとは違います。貧困家庭の子どもがセンターに集まり無料で学びます。仕事のない親たちも、子どもと一緒にセンターに集まってきます。
    センターでは毎日子どもたちへのフィーディングがあります。今回はLOOB(現地NGO)のボランティア・スタッフが料理をし、本学学生がフィーディングを行いました。
    1時間英語アルファベットと自分の名前の書き方を習い、ゲームをしてから、フィーディングです。LOOBは、コミュニティ・サービスの一環として、学校のある日にこういったフィーディングを行っています。

    ナバイス村の貧困家庭の収入源には、養豚や紙ビーズ作りがあります。このような仕事で、食料など日常生活に必要なものを買うお金を得るのです。そして子供を学校に通わせます。本学学生は、実際にビーズ作り、豚の餌やり、豚小屋掃除の方法を学び、体験する機会に恵まれました。

    今回のGSフィリピンのサービス・ラーニング・プログラムは、本学学生とバディによるナバイス小学校敷地内のゴミ拾い清掃活動で終わりました。
    その後はお別れディナー、パーティーの準備です。ナバイス村のご家族がディナーを、本学学生が会場の飾り付けをそれぞれ準備しました。お別れ会の出しものは、KUIS生は男子学生による女装、お世話になったフィリピン人LOOBスタッフも好きな曲をギターと歌で演奏、妖怪ダンスを披露。フィリピン人バディもダンスで送ってくれました。お別れ会は2人の本学学生の開会の言葉ではじまり、2人の本学学生による感謝の挨拶で終わりました。


    The last few activities of the students included going out with their Filipino buddies, feeding children at the Day-Care center, visiting the families who raise pigs and make beads as their livelihood.

    Two KUIS students were assigned to a Filipino student as their buddy.
    They started the day with a warm-up game at the community center, and then went to the home of their buddy. The students experienced living the life of a poor family. As part of the family for two days, they helped cook food, did laundry using their hands, cleaned the house and washed dishes.

    The Day-Care center in Japan is different from the Day-Care Center in the poor community in Navais, Mandurriao, Iloilo. In Navais, the poor children come to school to learn for free. Their parents do not have work, so some of these parents accompany their children to school. They are also being fed every day, which our students did. LOOB volunteers cooked the food and KUIS students helped feed the children after an hour of learning how to write English alphabet, write their name, and playing games. LOOB organization, as part of their community service, feeds these children during school days.

    Among the means of earning money of the poor families in Navais village areraising pigs and making beads. These kinds of livelihood help give them income for their everyday needs such as food. They can also send their children to school through this livelihood. KUIS students had the chance to learn and experience how to make beads and feed the pigs and clean the area where these pigs live.

    The service learning ended with KUIS students and their buddies cleaning up Navais elementary school by picking up some trash, and then they prepared for the farewell dinner and party. The local families cooked the food and KUIS students prepared the venue as well as some presentation numbers, which included costume play, singing with a guitar and a dance from their buddies. The program started with two KUIS students giving the opening message and it ended with another two KUIS students giving the thank you message.

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.