特色ある教育
    ホーム>最新情報一覧>【看護学科】センターオフィスアワーを活用しよう!

    【看護学科】センターオフィスアワーを活用しよう!

      先日、センターオフィスアワーに看護学科の1年生が相談に来ました。開口一番「先生、解らないです」と言いました。よく話を聞いてみると、形態機能学の授業が始まり、どこを覚えるのか、全部覚えるにしては量が多すぎる、初めて聞く言葉ばかりで、どうしたらいいか解らないという相談内容でした。


     私は「どうしたら良いか解らないと思い、ここに来て話をしてくれたことがまず凄いことだよ」と言いました。ほんの数か月前まで、高校生だった大学1年生。今日から生徒ではなく学生だと言われ、自律しなさいと言われ、さらに、形態機能学では見たこともない漢字が組み合わさって、難しい読み方をしなければいけない。その上、講義で先生が話している事を全部覚えるとしたら、量が多すぎると思うことは特別なことではありません。


     まず、看護学の勉強の全体像について、ピラミットを使って説明しました。形態機能学は、ピラミットの一番下にあり、その上に健康を害した状態(疾病・治療論)を学び、さらに看護学を積み木を積み上げるように学びます。その積み木に穴が空いていたり、欠けていたりすると、積もうと思っても崩れてしまいます。1年生の勉強は、看護学を学ぶ中で土台となります。


     次に、専門用語について説明しました。今は、初めて聞く言葉ばかりなので、すぐに頭の中に残らないですが、時間が経つと「耳慣れ」してきます。「耳慣れ」すると、講義は面白くなるし、覚えるのも早くなります。その「耳慣れ」を早くするためにも、形態機能学の講義があった日は、その日のうちに絵や色を使って講義ノートを整理し、自分が後で見ても復習し易い様にしておくことが大切です。


     最後に、大変かもしれないけれど、今、がんばっておけば患者さんの前に出た時、あの時がんばって良かったと思えるときが必ずある事、1年生で完全に覚えられなくても、疾病・治療論や療養支援看護学、生活支援看護学や家族支援看護学を学ぶときに、教科書やノートを見直して、繰り返し覚える機会があるので、根気よくがんばってほしいと伝えました。


     以上の事を話して、学生は少し落ち着いた様子になり、相談を終了しました。まずは「解らない」と口に出せることが大切です。「解らない」と素直に口に出せた学生は、必ず伸びていきます。もし悩んでいる事があれば、気軽に学習支援センターに「解らない」と言いに来てください。

    (担当:看護学科 本庄美香)

    2014-05-08

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0004 

    兵庫県神戸市中央区中山手通6丁目5番2号

    TEL 078-371-8000(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.