特色ある教育
    ホーム>最新情報一覧>【地域交流総合センター】特色授業のひとつ、サービスラーニング「こころのケアと地域づくり」開講中

    【地域交流総合センター】特色授業のひとつ、サービスラーニング「こころのケアと地域づくり」開講中

    三木キャンパス周辺地域(緑が丘地区)の誕生と発展を学ぶ 三木キャンパス周辺地域(緑が丘地区)の誕生と発展を学ぶ 緑が丘地区の視察風景1 緑が丘地区の視察風景1 緑が丘地区の視察風景2 緑が丘地区の視察風景2 高齢者インタビュー調査 高齢者インタビュー調査

    ※補足説明は下記文末にあり※《サービスラーニング「こころのケアと地域づくり」は、「Off-Campus(オフ・キャンパス)プログラム」のひとつです。》
     
      
    本学では、8~9月を夏学期と位置づけ、学内外で行うさまざまな集中講義を開講しています。
    この集中講義、サービスラーニング「こころのケアと地域づくり」は、7/31に学内講義を行い、本格的に9/2(火)から9/9(火)まで集中的に行っています。
      
    本講義では、高齢者の「こころのケア」と「地域づくり」について地域住民と学生が共に考える場を設定し、若者の視点から地域づくりに向けて提言をしてもらうことを目標としています。
      
    9/3(水)は、地域住民の方をお招きし、三木キャンパス周辺地域(緑が丘地区)の誕生と発展を学んだ後で、緑が丘地区の視察を行いました。
    9/5(金)は、学生グループで、緑が丘地区の高齢者のご自宅にインタビュー調査を行いました。
     
    今後、9/8(月)は、視察・インタビュー結果を泊りこみで完成させ、9/9(火)に再度、緑が丘地区の皆さんをお招きしてプレゼンテーションを行い、最終的には、10/26(日)の大学祭で三木市関係者、地区役員、調査対象者に向けた最終報告会を実施する予定です。
      
      
    -----※補足説明※-----
    2014年度から、教室外での学修機会を実践するプログラム群の総称「Off-Campus(オフ・キャンパス)プログラム」が始まっています。
     
    オフ・キャンパスプログラムは大きく、グローバルスタディ(GS)とコミュニティスタディ(CS)の2つに分類されます。
     
    GSは様々な海外体験型プログラムのことで、CSは(国内で実施する)地域社会貢献プログラム「サービスラーニング」と就業体験「インターンシップ」に分かれます。
     
    保健医療学部を除き、GSは従来から必修科目となっていますが、CSは2014年度生(現1年生)からサービスラーニングまたはインターシップのどちらかを選択必修として学び、更なる学生の多様性理解と自立性の向上をはかります。
    -----※補足説明※-----ここまで
       
    今回のサービスラーニングでは、活動場所が三木キャンパス周辺ですが、尼崎キャンパスの学生や、選択必修となっている1年生以外にも学部・学年を問わず意欲的な学生が集まりました。
     
    今後、コミュニティスダティ(CS)の新たな各種プログラムも随時紹介していきます。
    ご期待ください。

    2014-09-05

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.