特色ある教育
    ホーム>2018年度以前入学在学生用 学部>保健医療学部 看護学科>最新情報>【看護学科】助産師を目指している学生の学び

    【看護学科】助産師を目指している学生の学び

    助産看護学選択分野を希望する学生は、3年次に助産診断技術学1が必修科目になっています。講義「超音波検査について」の演習から、学生の学びを紹介します。


    産科診療では、超音波検査は当たり前のように普及しています。学生たちは助産師になり、対象者に関わる自分をイメージして、超音波検査に取り組みました。右手にプローブを持って妊婦の腹部(卵型の茶色部分)にあて、赤ちゃん(胎児)の様子を画面に映し出しました。「赤ちゃんの頭がお母さんの下の方を向いている」「赤ちゃんの頭やお腹の大きさを測るには・・」「赤ちゃんの膀胱部分がみえる」などと言い合いながら、胎児の姿勢や身体のどの部分であるかを判断し、測定にも挑戦しました。


    初めて経験する超音波検査に、最初はぎこちなかった手技も、次第にコツを覚え、白黒の映像に慣れて鮮明な映像を映し出すことができようになりました。学生たちは、演習を通して、超音波検査を正しく行い、正確な情報を得ること、情報から何を判断しないといけないのかを学んだようです。


    助産師のコースを専攻している学生たちは、看護師と助産師の二つの資格習得を目指して、忙しいながらも、同じ目標を持つ仲間たちと力をあわせ頑張っています。次回は、この演習と同時進行で学んでいる保健指導について、グループワークでの成果発表を紹介します。


    (助産学担当 郷原 寛子、岸本 喜代子、山之上 美智代、橋本由起子、北山 涼子)

    助産_超音波検査

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.