特色ある教育
    ホーム>2018年度以前入学在学生用 学部>保健医療学部 看護学科>最新情報>【看護学科】急性・慢性看護技術演習「輸液管理・ドレーン管理」

    【看護学科】急性・慢性看護技術演習「輸液管理・ドレーン管理」

     

    【2019年1月18日】

    01.jpg

    02.jpg

    先日行った専門必修科目「急性・慢性看護技術演習」の“輸液管理・ドレーン管理”の演習の様子をご報告します。これは、急性看護学、慢性看護学で必要となる看護技術の基礎を学ぶ科目であり、臨地実習で実践できることを目的として2年生で学びます。

    急性看護学ではこの前に「術後観察」の演習を行いましたが、「輸液管理・ドレーン管理」はその一部として手術を受ける、または受けた患者さんに必要な看護技術となります。ぜひ本学HPの保健医療学部 看護学科NEWS“2018/11/30【看護学科】急性・慢性看護技術演習「術後観察」”をご覧ください。その様子を記事にしています。

    具体的には、輸液ポンプなど機器類の操作や点滴をしている患者さんに寝衣の着脱を介助したり、モデル人形に装着したドレーンから排液を行います。学生には、積極的に色々と体験してもらいたかったので、2~3人のグループで自由に回れるようにしてみました。輸液ポンプの操作などは学生が実際に実施するものではありませんが、臨床現場の多くの場面で用いられていますので知識として身に付けてもらえるよう体験してもらいました。

    寝衣の着脱は、一見簡単そうですが点滴チューブが寝衣の中に入ったままになったりして、点滴から先に袖を通すことに気が付いたりしていました。自分で考えて気づくことが大切だと思います。滴下数の計算も一生懸命に行っていました。
    ぜひ、3年生の実習に生かしてもらいたいですね。

     

    (担当:看護学科 平岡玲子)

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.