特色ある教育
    ホーム>学長室だより一覧>【学長室】2013年度 入学式 学長式辞(2)

    【学長室】2013年度 入学式 学長式辞(2)

     皆さんを待っている本学での学びの特徴は3点にまとめることができます。

     第1は学びの目標についてです。看護職を目指す人、教員を目指す人、カウンセラーを目指す人、このような具体的な専門的職業という目標を決めている人もいれば、これから大学に入って考えていこうという人もいます。

     本学では、KUIS学修ベンチマークを掲げています。これには、1つ目は自律できる人間になる、2つ目は社会的貢献性を身につける、3つ目は多様性を受け入れる国際性を持った人間になる、4つ目は問題解決能力を身につける、5つ目はコミュニケーション能力を身につける、この大きな5つの柱を軸に3つの学部、5つの学科がすべて共通で4年間に身につけてもらう達成目標を定めています。これらの力は社会に出てからどのような職種についても、どのような職場で働くことになったとしても必ず必要な能力であると考え、全学の目標としています。それを実現できるように、それぞれの専門教育の体系化、そして教育方法の改革を進めてまいりました。


     第2の特徴は教育方法です。本学の教育方法の特徴を一言で言えば「世界で学び、社会に活かす」ということです。教室内ではアクティブラーニングという受け身で授業を聴くだけではなく、皆さん自身が能動的に学びに参加する教育方法を進めています。

    教室外では、4年間に一度は海外プログラムに参加してもらうグローバルスタディがあり、自ら行き先、期間、内容を選んで、海外での経験学習の場があり、これらはすべての学生に門戸が開かれています。また、大学と行政や地域の皆さんと協働して、地域が直面している現実の課題解決に取り組む“コミュニティ参加プログラム”といった新しいプログラムを三木市などと協力して開発しています。現場での経験から学ぶ、そしてその成果を教室に持ち帰り、次の学びに活かす。その成果が再び現場で活かされる。これこそが「世界で学び、社会に活かす」という本学の教育の特徴です。世界というのは3つの意味があります。

     1つはグローバルな意味での世界、2つ目は専門分野の世界、3つ目は皆さんが生活をしている地域社会という世界、そういう意味で「世界で学び、社会で活かす」ということが教育方法の大きな特徴です。


     2年前の東日本大震災では多くの方が亡くなられました。今もなお原発事故の傷跡は大きいままです。しかし、ボランティア活動や募金を続け、被災された方々を今なお支え続ける人がいる一方で、関心が薄れ、他人事になってしまった人々もおられます。皆さんはどちらですか。体験は誰でもできます。しかし、体験したことを忘れ去ったり、単なる思い出としたりするのではなく、感じたこと、学んだことを振り返り、次の学びや自分の生き方に活かしていく。そういう体験がはじめて『経験知』として皆さんの中に刻まれていきます。

     今週の土曜日には早速皆さんの体験の機会を用意しています。私自身が神戸市内の隠れた魅力を案内する『神戸ウォーカー』というツアーです。また来週末には三木市のご協力をいただいて『三木ウォーカー』、その翌週には尼崎で『尼崎ウォーカー』といった、地域を自分の足で歩き、その魅力と特徴を知るという機会です。皆さんにぜひ新しい自分たちにとっての生活世界を知るスタートとしていただければと思っています。


     本学の学びの第3の特徴は、皆さんの成長をどのように確認していくかということです。

     本学では学期当初に目標を立ててもらいますが、学期末に成績表をもらい一喜一憂するだけではなく、ポートフォリオと呼ばれる皆さんの学びと目標の記録を皆さんに綴ってもらいます。その成長の記録の中で、何ができて何ができなかったのかを、自分自身で振り返ってもらうというリフレクション・ディという日を学期末につくっています。

     成績評価にあたっては、ルーブリックと呼ばれる評価の観点と基準を記載した評価尺度を皆さんにあらかじめ示し、何ができれば評価されるのかをはっきりと示す取り組みを全国の大学に先駆けて導入しています。皆さんにとって何ができるようになったのか、何が次の課題なのかを自分でその都度確認することができます。

     このように、本学には皆さんの成長を助ける仕組みが数多くあります。学生が『成長できる大学』、そして大学としても『成長する大学』を本学は目指しています。


     私の尊敬するアメリカの公民権運動指導者で、ノーベル平和賞を受賞した故マーチン・ルーサー・キング・Jr.牧師は次のように述べています。「悪いジンクスは自分自身がこしらえた心の障害物であり、それを取り除けるのは、それを作ったあなたしかいない」。我々が前向きに成長することに立ち止まることを戒め、「本当の人間の価値は、すべてがうまくいって満足している時ではなく、試練に立ち向かい困難と闘っているときにわかる」ものであると励まし、「今のあなたの思考と行動が、未来のあなたをつくる」とも述べています。自分で限界や壁を作ってしまったり、諦めたりせず、未来に向けて自分で主体的に考え、行動する人間になってくださることを心から期待しています。


     この後、皆さんと共に歌う本学の学歌の歌詞の中には、繰り返し「心の地図から境界線が消えてなくなる」というフレーズが出てきます。良い歌詞だと思っています。皆さんにも一日も早く覚えていただきたいと思います。

     皆さん、どうかこの2年間、或いは4年間を通じて我々と共に成長していこうではありませんか。


     改めて、ご入学おめでとうございます。



    2013年4月2日

    学長 濱名 篤

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.