特色ある教育
    ホーム>学長室だより一覧>【学長室】2014年度 入学式 学長式辞(1)

    【学長室】2014年度 入学式 式辞(1)

     新入生の皆さま、ご入学おめでとうございます。そして保護者の皆さま、本日の晴れの日を迎えられたことを心よりお慶び申し上げます。大学を代表いたしまして新入生の皆さまを心より歓迎いたします。


     年度当初のご多用の所をご臨席いただいた三木市副市長北井信一郎様、三木市教育長松本明紀様をはじめ、ご来賓の皆さま、大学を代表いたしまして、日頃のご支援ご鞭撻に対し御礼申し上げます。


     さて本日、新入生として大学院生9名、学部生483名、編入学生6名、計498名を迎え、三木と尼崎の中間の場所である神戸で入学式を挙行することになりました。
    本日の式には、新入生以外にも中国、台湾、韓国、タイ、ベトナム、インドネシアから留学生11名と交換留学生9名を迎えることとなりました。


     さて、皆さんが入学式を迎える本日のトップニュースは、消費税の増税が一番大きなニュースだったでしょう。そしてもう一つのニュースとして、2012年の国際学力テスト「学習到達度調査(PISA=ピザ)」の「問題解決能力」についての結果が公表されました。日本の平均得点は3位で、昨年12月に発表された「読解力」、「科学的活用力」と同様に高い水準を示したというニュースがありました。この2つのニュースを取り上げて、皆さんに本学での学びを通じてどのような力を身につけていただきたいかということをお話ししたいと思います。


     まず、消費税の税率アップというものは、日本が直面する少子高齢化にどのように対応して改善していくのかという課題解決に向けた解答のひとつとして導入されました。少子高齢化は日本のみならず、韓国、中国と東アジア諸国、さらには多くの欧米先進国が直面した答えがひとつではない課題に、7,000億円という増収分を、子育て支援を中心とした福祉目的で活用し、少子高齢化から脱却しつつ、同時に経済の活性化も続けようという試みです。まさにチャレンジであり、答えとして正解かどうかは見守るしかありません。


     そして、問題解決能力のテスト内容は、掃除ロボットが動くアニメーションを見て規則性を発見したり、駅の自動券売機の画面を操作して指示通りの切符を買ったりするといったものでした。日常生活の中で直面する課題を想定して考えられた問題です。大卒者に求められる問題解決能力は、当然のことながらそれより高いレベルとなっており、答えがひとつとは限らず、課題自体を的確に把握することを伴うような課題を解決することを期待されます。
    皆さんの生きている現在の社会は、情報がいち早く伝達する社会です。世界中の国々の情報がインターネットやソーシャルメディアなど情報通信の発達によって即座に入手できるようになりました。他方、正確な情報ばかりではなく、目につきやすい情報に依存するようになりがちで、想像力や論理的思考力を失い、情報の中身を取捨選択して自ら見定め、自ら考えて事態を把握するということを見失う側面が出てきています。


     皆さんが今日から学ぶことになる関西国際大学では、多様性、すなわち異なる立場や価値観を見落とさず、自らの体験や経験、そして専門知識、その双方から学び、両者を総合的に活用できるようになっていただくことを重視しています。大学生にとっての最大の使命は、学習を通して自らが成長することです。
    本学の学歌の歌詞には、多様性を認め相手を尊重することの大切さが歌に込められています。「心の地図から境界線が消えて無くなる」というフレーズが繰り返しあります。素敵な歌詞だと自負しています。1日も早くこの歌詞を覚えてください。


     さて、本学の教育力は大学関係者や文部科学省などからは高く評価をしていただいております。文部科学省が選定する大学教育のGP事業、すなわち先導的な教育改革として認められたものに採択されており、「教育力」を育てるプログラムを他の大学に先駆けて数多く作り出してきたといわれています。
    現在も文部科学省からは大学間連携共同教育推進事業にも採択され、3年目を迎えています。全国520大学が応募した日本私立学校振興・共済事業団の私立大学等改革総合支援事業募集で3部門すべてに採択された22校に入っています。
    しかし、本当の教育力とは、ここにいる新入生の皆さんが、4年後あるいは2年後に、本学での学びや経験を通して「何ができるようになったのか」という成長の成果にあらわれてくるはずです。
    これは、皆さん自身が自分の成長を証明し、大卒者に相応しい人間力と知的能力を身につけたという実感を持てるようになることです。こうした成長は、厳しい就職環境の中でも通用する「就業力」につながります。自らのライフプランと適性に相応しい、他でもない皆さん自身がつくりあげていく力です。



    (2)へつづく

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス

    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.