ホーム>社会学部>社会学専攻

NEW!! 2021年4月誕生

社会学部 社会学科

社会学専攻

social.jpg

さまざまな課題を抱える現代社会で、リサーチ力やマーケティング力を備え、「データにもとづいた解決・改善の提案」ができる人材を育成

社会学専攻では、社会調査の方法論と実習を核とするカリキュラムを通して、情報収集力やデータ分析力を身につけます。
行政や民間の諸機関、企業における調査・分析・企画立案などの分野で活躍することのできる人材を養成します。

学びのポイント

社会調査のエキスパートをめざす

社会のあらゆる事象についての知識を幅広く学ぶとともに、データを実践的に活用する能力を育みます。インタビュー調査やアンケート調査の理論と方法を学び、統計や世論調査で得られたデータを分析し、社会学の視点で読み解き、活用することができる「社会調査の専門家」を養成します。

マーケティング ×
システム思考・デザイン思考

企業活動のみならず、行政サービスや社会調査においても、「マーケティング」の理論と方法を修得していることは大きな武器になります。また、課題解決の思考法である「システム思考」と「デザイン思考」をリンクさせた学びを通じて、プロセスや全体を見渡したうえでの解決法を提案できる力を育みます。

地域がキャンパス!
国際都市・神戸を舞台に、
実践力を鍛える

多様な文化が共存する国際都市・神戸をフィールドに、課題発見プログラムに取り組みます。国際都市・神戸の魅力発信、まちづくり構想、地元商店街の活性化などの課題について、地域の人々と交流を図りながら、調査で得たデータにもとづく解決方法を提案することで、コミュニケーション力やプレゼンテーション力を養います。

授業紹介

「社会調査論」「社会調査演習」
「データ解析 Ⅰ・Ⅱ」

多様な現象を科学的方法で調査し、データによって分析・整理する力を養う3 科目。「社会調査論」では社会調査の目的や方法、倫理について学び、「社会調査演習」では近隣地域をフィールドに社会調査を行い、理論を実践に落とし込みます。「データ解析Ⅰ・Ⅱ」ではクロス集計や相関分析といったデータの集計方法や分析結果の読み方、活用方法を学びます。


「システム思考」
「デザイン思考」

「システム思考」は全体を一つのシステムとして捉え、解決策を見つけ出す思考法の一つです。身近な課題を取り上げながら、論理的かつ合理的な解決に向かうための思考法を学びます。「デザイン思考」は全体にとって最適な解決策を設計し、構築する思考法の一つです。SDGsについても取り上げ、持続可能かつ最適な課題解決へと導く思考法を学びます。


「プロダクトデザイン実践演習」
「ソーシャルデザイン実践演習 Ⅰ・Ⅱ」

「プロダクトデザイン実践演習」では「マーケティング」「消費行動・消費社会論」「商品企画論」の理論をもとに、地元企業の商品企画や改善提案、販路開拓などを検討し、プレゼンテーションを行います。「ソーシャルデザイン実践演習Ⅰ・Ⅱ」では、兵庫県、神戸市の行政などに対し、魅力的なまちづくりのためのデザインや情報発信の方策などを提案します。

 

めざす進路

リサーチ・マーケティング関連企業、一般企業のリサーチ・マーケティング部門、マスコミ関係企業
国家公務員・地方公務員、NPO・NGO法人 など

めざす資格・免許

社会調査士、防災士 など

神戸山手キャンパス

三木キャンパス

〒650-0006 

神戸市中央区諏訪山町3番1号

TEL 078-341-6060(代表)


ページトップへ

FacebookYouTube

Kansai University of International Studies ©All rights reserved