教員紹介(保健医療学部 看護学科)

教授

岡光 京子 (Kyoko Okamitsu)

所属
保健医療学部 看護学科
看護学研究科 看護学専攻
専門

学 部:成人看護学、慢性看護学、がん看護学

大学院:臨床看護学、生涯発達看護学

主な担当科目(学部)

成人健康看護学概論、慢性看護援助論、がん看護援助論(含む終末期)、急性・慢性看護技術演習、慢性看護学実習

主な研究テーマ

慢性疾患と共存する人の生活の再構築を支える援助、がん治療を継続する患者の療養上のQOLを高める支援、意思決定を支える支援、希望を支える支援など

主な著作等
  1. 岩下真由美、岡光京子、山本真由美(2022),青年期以降にⅠ型糖尿病を経 験した人の「病いと共に生きることへの思い」に関する文献検討、看護・保健科学研究誌第22巻1号(118-129)
  2. 西脇 綾、岡光京子(2020)、終末期にある高齢がん患者の意思決定における看護師の困難感に関する文献レビュー、看護・保健科学研究誌 第20巻1号(86-95)
  3. 塚本仁美、岡光京子(2018)診断から治療過程におけるがん患者のゆらぎの対処、看護・保健科学研究誌 第18巻1号(21-30)
  4. 崎野未穂子、岡光京子、岡川寛、堀尾強(2018),仕事をしている糖尿病患者の自己管理の継続に影響する要因に関する文献レビュー,看護・保健科学研究誌 第18巻1号(116-124)
  5. 藤恵美 希、岡光京子、岡川寛、堀尾強(2018)、終末期がん患者の人生の意味を見出す援助に関する文献レビュー、看護・保健科学研究誌 第18巻1号(144-152)

■ 現在の研究テーマ(または専門分野)とその専門分野を志した理由・きっかけを教えてください。

慢性疾患と共存する人の生活の再構築を支える援助、がん治療を継続する患者の療養上のQOLを高める支援、意思決定を支える支援、希望を支える支援など

■ プロフィール

私の好きな言葉は『与えられた一隅を照らせ』です。

この言葉は、最澄の言葉で、千年以上にわたり、多くの人の心を捉え、勇気を与え生きる力になってきました。私も与えられた自分の持ち場を照らすことができるように努力しております。

■ 看護師の仕事をしてよかったと思ったことは何ですか?

看護師の仕事をして良かったことは、多くの患者さん・ご家族をはじめ医療職者に出会ったことで、自分自身が成長できたことである。

■ 看護師の仕事をして辛かったことは何ですか?

看護師の仕事の楽しさ・醍醐味を感じるまでは辛かったように思う。

■ 高校生へのメッセージ

今、社会から看護職者として多様な働き方が求められています。専門的知識・技術、問題解決力、実践力を身につけて、多くのことに挑戦しましょう。