特色ある教育
    ホーム>施設・サービス>経験学習>サービスラーニング>2019年度プログラム>No.7 子どもと学ぶ(エオの森研修センター)

    No.7 子どもと学ぶ ~子どもの前に立ち、横に歩み寄り、後ろからついていく~

    担当教員:松井 幸太(人間科学部 人間心理学科)

    7-1.jpg

    7-2.jpg

    活動概要

    小学生を対象とした野外活動プログラムに参画し、サポートスタッフとしての経験を積んだ後、最後は自らプログラムを企画・立案し、実施・運営する。


    体験学習①4/27(土)

    「逃走中!」inホースランドパーク(エオの森キャンプ場)
    参加者の子ども達との関わりを通して、子どもの身体的・心理的・社会的な現状とその背景について学ぶ。
    体験学習②7/6(土)

    「ウォーターバトル!」inホースランドパーク(エオの森キャンプ場)
    子ども心身の成長のために、そのような野外活動プログラムが求められているかを考える。
    体験学習③8/26(月)

    「自主企画プログラム」inホースランドパーク(エオの森キャンプ場)
    現在の子どもを取り巻く現状を踏まえた上で、子どもの心身の成長に寄与する野外プログラムを実施する。

    学習目標

    ①子どもの心の動きを感じ取り、子どもの心の揺れ動きに合わせたコミュニケーション能力を身につけることができる。
    ②プログラムを円滑に進行していくファシリテーション能力を身に付けることができる。
    ③自らプログラムを企画し、計画的に進めながら、実践できる主体的な行動力とマネジメント能力を身につけることができる。
    ④現在の子ども達を取り巻く身体的・心理的・社会的問題について理解し、対応策を提案することができる。

    活動による

    インパクト

    上記の学習目標を据えた体験学習により、学内における講義科目においても、実践現場をイメージしながら学ぶことができるようになる。さらに、将来の具体的な進路を見据えた学修への取り組みが可能となる。
    エオの森キャンプ場へはプログラムの運営をサポートする現地ボランティアの不足を補い、大学生だからこそできる子どもとの関わりを提供できる。地域の公民館へは夏のイベントとしてサマースクールの一端を担うことができる。また、地域における子ども達と大学生のつながりを持つ機会となる。

    活動場所

    エオの森 研修センター(三木ホースランドパーク内)
    実施時期 春・夏学期 対象学科・学年 全学科・全学年
    初回授業日  4/24(水)2限 募集人数 10名程度

    履修条件

    本プログラムの内容は実践的な活動を多く含みます。特に1年生にとっては、わずかな予備知識と最低限のマナーで現地活動を行うため、多くの失敗が伴います。その失敗体験を大切にしながら、実際の現場イメージを持ったうえで、2年次以後の授業(臨床心理学、カウンセリング、ソーシャルスキル演習、リーダーシップ演習など)に望めるよう位置づけています。
    求める学生像 多少の苦難でも「楽しむ心」を持って取り組める者。
    もちろん「独りよがりに楽しむ」のではなく、「他者とともに楽しむ」ことのできる者。
    教師や臨床心理士を目指している人をはじめ、子どもの心について体験的に学びたい人や、人に関わるコミュニケーション能力、ファシリテーション能力を身に付けたい人。
    特記

    現地までの交通費は自己負担

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0006 

    兵庫県神戸市中央区諏訪山町3番1号

    TEL 078-341-6060(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.