特色ある教育
    ホーム>施設・サービス>セーフティマネジメント教育研究センター>最新情報>兵庫県立舞子高等学校・先進理工類型の生徒が災害医療と看護学の基礎について学びました

    兵庫県立舞子高等学校・先進理工類型の生徒が災害医療と看護学の基礎について学びました

     

    【2020年11月20日】

    01.JPG

    02.JPG

    昨年度に引き続き11月20日(金)、兵庫県立舞子高等学校・先進理工類型の2年生15名が、特色科目である『アドバンストスタディズⅡ』の一環で、三木キャンパスを訪れ、災害医療と看護について、ミニ講義・演習を受講しました。

    ※講義・演習についてはソーシャルディスタンスや換気、消毒に十分配慮しながら実施いたしました。

     

    本学と舞子高等学校は相互に教育交流を通じ視野を広げ、進路に対する意識や学習意欲を高めるとともに、高校教育・大学教育の活性化を図ることを目的として、包括的な連携協定を締結しています。

     

    1講義目はセーフティマネジメント教育研究センター、村田昌彦教授による『災害医療について』の授業が行われました。大規模災害や事故が発生したときに活躍する『DMAT(災害派遣医療チーム)』の取り組みと、平常時のDMAT人材育成の大切さを学びました。

    DMAT研修へボランティアとして実際に参加した学生からも「今まで知らなかった新しい気付きが出来る貴重な経験でした。皆さんもチャンスがあれ是非参加してみてください。」とのメッセージがありました。

     

    • 2講義目は開始前に生徒全員に白衣が渡され、白衣を着用してから講義がスタートしました。講義では保健医療学部看護学科、蛭子真澄教授による脈拍と血圧について解説の後、基礎看護学領域の黒田葉子先生、楠本真生先生と臨地実習を経験した看護学科4年生・5名のサポートを受けながら、実際に脈拍測定と血圧測定を体験しました。血圧測定などの体験の後はサポート学生が案内役となっての構内キャンパスツアーにも参加しました。

    受講した生徒たちからは、「脈拍や血圧の測定は簡単そうだと思っていましたが、実際に自分がやってみると難しく、それを当たり前におこなっている看護師さんたちの凄さを実感しました。」などの声がありました。

    03.JPG

    【災害医療講義①】

    04.JPG

    【災害医療講義②】

    05.JPG

    【脈拍測定】

    06.JPG

    【血圧測定】

    07.JPG

    【キャンパスツアー①】

    08.JPG

    【キャンパスツアー②】

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0004 

    兵庫県神戸市中央区中山手通6丁目5番2号

    TEL 078-371-8000(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.