特色ある教育
    ホーム>学部・学科>国際コミュニケーション学部英語コミュニケーション学科>最新情報> 【国際コミュニケーション学部】<コラム>カタカナと英語

    【国際コミュニケーション学部】<コラム>カタカナと英語

     

    【2020年11月16日】

    日本語には多くの外国からのことば、外来語があります。英語由来の単語も多いので、英語学習の時に、耳にしたことがある単語だったという経験があることでしょう。
     
    でも、違う言語から日本語に直しているので、混同してしまう例があります。


    寒くなるこの季節に身につける「コート」と、テニスなどの「コート」は、日本語では同音異義語になっていますが、英語では別の単語で、実は発音も違います。服の方はcoatで、無理矢理カタカナ表記すると「コウト」で、テニスコートの方は courtで「コート」に近い音です。一方で、bowlとballは、日本語でも「ボウル」と「ボール」のように表記され、区別があります。


    他に混同される例として、「道」のroadと「領主」のlordも日本語ではどちらも「ロード」になってしまいます。そのため映画のThe Lord of the Ringsは日本では「ロード・オブ・ザ・リング」になっていて、「ロード」を「道」だと思った人も多いのではないでしょうか。また、最初のtheやringsのsがカタカナのタイトルでは消えています!映画のタイトルは、そのままカタカナになっていることが多いのですが、冠詞や複数形が無くなっていることがあるので、原題とカタカナを比べてみると面白いかもしれません。たとえば、Dances with Wolvesは「ダンス・ウィズ・ウルブズ」でwolvesの複数形は残っていますがdancesのsは落とされています。
     
    外来語のおかげで英語学習が楽になることもありますが、英語としては不適切なこともあるので注意が必要です。


    (英語コミュニケーション学科 片山 真理)

    1201116142043.jpg

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0004 

    兵庫県神戸市中央区中山手通6丁目5番2号

    TEL 078-371-8000(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.