特色ある教育
    ホーム>学部・学科>国際コミュニケーション学部英語コミュニケーション学科>最新情報>【国際コミュニケーション学部】<コラム>留学生の素朴な疑問から日本語を掘り下げる(その3)

    【国際コミュニケーション学部】<コラム>留学生の素朴な疑問から日本語を掘り下げる(その3)

     

    【2021年8月1日】

    こんにちは。英語コミュニケーション学科の伊藤です。留学生に日本語を教えています。
    留学生と会話していると、彼らの素朴な疑問から日本語(言語)について気づかされることが多々あります。そして、それは外国語(たとえば英語)について考え直すきっかけにもなるのです。

    今日もそんな一例をご紹介。


    留学生は下記のような文に「??」を抱きます。


    1)青い目をした少女。

    2)まっすぐな性格をした男の子。

    3)魅力的な声をした女性。

    4)澄んだ目をした少年。

     

    留学生が最初にならう「〜〜した」は、〈過去〉を表す以下のような文です。


    5)彼はご飯を食べた。

    6)彼女はテレビを見た。


    「〜〜をした」で、どうして「〜〜を持っている」の意味になるのか?

    でも、実はこのようなことは英語でもたくさんあります。

    皆さんも、~~edは〈過去〉の意味と学びますよね?


    では、こんな表現はどうでしょうか?


    7)a blue-eyed girl (青い目の女の子) 

    8)He is right-handed. (彼は右利きだ)

    9)a bad tempered man(機嫌・性格の悪い男)

    10)a red roofed house(赤い屋根の家)


     〈過去〉の意味とは全く違いますね。


    しかもよく見てみると、

    「青い目をした少女」「悪い性格をした男」「赤い屋根をした家(ちょっと変でしょうか?)」

    のように、これらも日本語と同じく「〜〜した」で言い換えられそうなものも多いですよね。


    ということは、「~ed」と、「〜した」は同じく〈過去〉の意味も表すし、そして〈性質や特徴〉を表す意味を表すことができる、と言えそうですね。


    このように、全く違う言語の間にもよくみると共通点があるかもしれない。こんなことを考えるのが言語の面白さの一つでもあります。

    もちろん、そこまで突き詰めなくても

    7)〜10)のような英語表現を覚えるよいきっかけにはなりますよね。


    英語学習中の皆さんも、ただ表現を覚えるだけ、ではなくて日本語との共通点などを考えてみるのも面白いですよ。



    国際コミュニケーション学部 英語コミュニケーション学科 教授 伊藤 創

    ⇒国際コミュニケーション学部 英語コミュニケーション学科ページ

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0006 

    兵庫県神戸市中央区諏訪山町3番1号

    TEL 078-341-6060(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    三木キャンパス三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.