特色ある教育

    教授 荒瀬 克己 (Katsumi Arase)

    所属学部 基盤教育機構
    専門

    言語技術・コミュニケーション・国語教育・

    キャリア教育・学校経営

    arase.jpg

    主な担当科目

    学級経営・学校経営学特論、学校マネジメントの理解と実践、教職実践演習

    ico_Q1.png

    現在の研究テーマ(または専門分野)とその専門分野を志した理由・きっかけを教えてください。

    今は主として学校経営についてあれこれと考えています。30年余り高等学校の教員をして、その半分ぐらいが管理職でした。それで、生徒にとっても教員にとってもよい学校とはどのようなものか、そんな学校をつくるにはどうすればよいか、ということを考え、試行錯誤を重ねてきました。いちばんのポイントは、そこで学ぶ人(児童や生徒)が主語になる学校だと思います。では、そうするためにはどうすればよいのでしょうか。教員は、また、校長は、何をすればよいのでしょうか。答えは簡単なようで、なかなか複雑です。当然ながら、一つとは限りません。この問いを解くには、学校とは何かということを考える必要がありそうです。そもそも学校は、何のためにあるのでしょうか。こういったことを、ああだこうだ、ああでもないこうでもないと思案しています。

    ico_Q2.png

    プロフィール

    京都市立高等学校国語科教員、京都市教育委員会指導主事、京都市立堀川高等学校教頭、同校校長、京都市教育委員会教育企画監を務めたのち、大谷大学文学部で、言語技術やコミュニケーション、教職関係の授業を担当していました。

    現在、非常勤で兵庫教育大学理事、福井大学教職大学院客員教授、京都市教育委員会指導部顧問等を兼職しています。また、中央教育審議会初等中等教育分科会長のほか、いくつかの委員に就いています。


    著書に、奇跡と呼ばれた学校』(朝日新書2007年)、『子どもが自立する学校』(共著、青灯社2011年)、『「アクティブ・ラーニング」を考える』(共著、東洋館出版社2016年)『アクティブラーニング実践Ⅱ』(共著、産業能率大学出版部2016年)等があります。「月刊高校教育」(学事出版)に『荒瀬克己のおとなの探究基礎』を連載しています。なお、2007年10月、NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で、「『背伸びが人を育てる』校長・荒瀬克己」に出演しました。

    ico_Q3.png

    高校生へのメッセージ

    さまざまなものに出会ってください。きっと多くの発見があります。心打たれることもあるでしょう。逆に、不思議に思うことや落胆することもあるかもしれません。それらをしっかり受けとめてください。そして、気づいたことに問いを立ててみてください。なぜ、どのように、といった問いです。それらの問いに自ら答えを導き出してください。簡単ではありません。しかし、なかなか答えが出なくてもあきらめないでください。あなたの成長のカギを握っているのは、あなた自身です。あなたが問い続けることで、あなたの内面は拡がり、深まっていきます。

    ico_Q4.png

    講演・取材など協力可能なテーマ

    学校経営、コミュニケーション、キャリア教育、カリキュラム・マネジメント、探究、評価、高大接続等。(講演の対象は、教職員・高校生・保護者等)

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0004 

    兵庫県神戸市中央区中山手通6丁目5番2号

    TEL 078-371-8000(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.