特色ある教育

    教授 齋藤 益子 (masuko Saito)

    所属学部 保健医療学部 看護学科
    専門 母性看護学、助産学、生殖看護学

    saito.jpg

    主な担当科目

    「母性看護学」「周産期の診断と技術学」など

    ico_Q1.png

    現在の研究テーマ(または専門分野)とその専門分野を志した理由・きっかけを教えてください。

    看護師・助産師として臨床経験を積む中で、生殖医療、母性意識、性教育、性感染症の予防、月経教育、ウーマンズヘルスなどに関心をもちました。これらの分野の研究を進めています。現在は、助産師の卒後教育のあり方、助産診断名の開発、臨床推論、思春期の性教育、性感染症予防教育について主に研究活動をしています。

    現在は、助産診断名の開発が最も力を入れている研究で、プレコンセプションケア(思春期からの妊活教育)に必要な診断名の開発をしていきたいと思っています。

    また、2年前から、小学校・中学校における義務教育課程での新学習指導要領に則った性教育教材の開発をしており、今年度は作成した教材を実際の学校で使用して頂き、先生方の意見を聞いてブラッシュアップしていく予定です。

    ico_Q2.png

    プロフィール

    助産師として、実務経験6年の後、教員として40年以上看護・助産の教育に携わってきました。出身は九州の宮崎市ですが、30年位東京に住んでいます。東京ドームのマタニティスイミングで妊婦と一緒に泳いでいます。妊産婦への関わりが大好きです。これからも子どもを持つことのすばらしさを伝えていきたいと思っています。

    ico_Q3.png

    看護の仕事をしてよかったと思ったことは何ですか?

    助産師として実務や教育に係り、人と関わる喜びを感じています。特に出産に立ち会うといつも大きな感動を頂いています。新しい生命の誕生に立ち会えるこの天職ともいえる助産師という仕事に誇りを持ち仕事を続けていけることに感謝しています。

    ico_Q4.png

    看護の仕事をして辛かったことは何ですか?

    出産という現象は、女性の生涯における大きなイベントです。この場に立ち会えることは、嬉しいことだけではなく、時に辛い経験もあります。出産でお母様や、赤ちゃんが亡くなる経験は辛く悲しい経験です。今日の日本でも母体の死亡は年間約30件あり、私も2名の母体死亡の経験をしました。今でも忘れられない辛い経験です。

    ico_Q5.png

    高校生へのメッセージ

    助産師という仕事は、看護師の資格取得後に取れる資格です。人と接触することが好きで、人のお世話をするのが苦にならない人、新しい命と出会い感動したいと思う人はぜひ看護を目指して助産師の道にすすんでください。また、子どもたちに命の大切さ、生きていることの意味を語るとき、出産に立ち会う経験はとても役立ちます。母性看護学は、思春期から更年期までの女性へのケアを学ぶ学問です。ママと赤ちゃんとのであいも楽しいです。一緒に未来の親になる人たちへの支援を考えていきましょう。

    ico_Q6.png

    講演・取材など協力可能なテーマ

    ・小学生・中学生への性教育、命の教育

    ・思春期からの性感染症予防教育

    ・性の健康・性ってなあに? 

    ・助産師が行う命の教育
    ・女性のライフサイクルと支援

    ・不妊予防  など

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0006 

    兵庫県神戸市中央区諏訪山町3番1号

    TEL 078-341-6060(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.