特色ある教育
    ホーム>学部・学科>教育学部教育福祉学科>最新情報>【教育学部】<福祉コラム>オレンジリボン運動を推進しましょう

    【教育学部】<福祉コラム>オレンジリボン運動を推進しましょう

     

    【2020年11月4日】

    私たちは、コロナ感染症の影響で緊急事態宣言が発令され、外出自粛生活を経験しました。その間、少なからずストレスを抱えながら生活をしていたと思います。


    子どもたちは、緊急事態宣言が発令される以前から学校・幼稚園の休校・園が始まり、それは5月末まで続きました。いまだ収束の見通しがもてない中、子どもの教育機会の確保や今後の教育のあり方が問われています。


    さて、子育てをする家庭に目を向けると、どのような状況が想像できるでしょうか。学校・幼稚園が担っている子どもへの教育は、家庭での対応が求められる状況になりました。とりわけ就学前あるいは低学年の子どもは、自力で学習することが難しく、保護者のサポートが必要になります。つまり、家庭での子育てにさらなる負荷をかけるかのような事態になったのです。


    すでに2000年代後半から、子どもの貧困という社会問題が注目されてきており、家庭環境による様々な格差が生じていると指摘されています。それと並行する形で、児童虐待の発生件数も急増しており、今や15万件近くの相談件数になっています。


    現在はコロナ感染症によって、児童虐待問題が悪化することが懸念されています。事実、外出自粛期間中の児童虐待相談件数は前年同時期よりも増加していると言われています。児童虐待を防ぐためには、いかに子育て世帯へのサポートを充実するか、そして児童虐待を予防するコミュニティを形成していくかが肝要となります。


    社会福祉を学ぶ教育福祉学科の学生たちは、このような状況の中、自分たちができることを考えています。その一つにオレンジリボン運動があります。11月が児童虐待防止月間と定められており、オレンジ色のリボンに児童虐待防止の願いを込めて、広く社会に発信する活動になっています。現在、大学生なりにどういう内容をどういう形で発信するかを検討している最中です。コロナ禍でも可能な手法として、他大学の団体と協力したSNS発信も準備しています。みなさんも11月はオレンジリボンをつけてみませんか?


    オレンジリボン運動公式サイトはこちら>>


    教育学部 教育福祉学科 尾崎 慶太

    001.jpg

    002.jpg

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0006 

    兵庫県神戸市中央区諏訪山町3番1号

    TEL 078-341-6060(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    三木キャンパス三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.