特色ある教育
    ホーム>学部・学科>教育学部教育福祉学科>最新情報>【教育学部】<保育コラム>幼児はいつからハサミを使えるようになる?

    【教育学部】<保育コラム>幼児はいつからハサミを使えるようになる?

     

    【2021年1月6日】

    001.jpg

    002.jpg

    子ども達がハサミを使っている写真のような光景は、幼稚園や保育所での日常だろうか? 子ども達は製作活動する際に、何某かの用具を使用している。つまり、モノを生み出す行為に用具は欠かすことのできない存在である。しかしながら、近年子ども達の用具使用に関する技能低下が指摘されている。世の中が便利になり、使う必要が少なくなったり使用する機会が減少したりしていることが要因であると考えられる。


    保育実習や幼稚園教育実習を経験した学生に何歳児ぐらいが使っていたか問うと、「4歳、5歳は使っていたが・・・。」と答えが返ってくる。では実際にどの年齢になるとハサミは使えるようになるのだろう。以前は、保育所保育所保育指針解説の中に、「4歳になるとハサミを使えるようになる。」と記述されていた。しかしながら、現行の保育所保育指針や幼稚園教育要領などにはそういった記載はない。


    2017年から、子ども達がハサミで形を切り抜く技能について調査を実施してきた。その結果からは、直線や折線は5歳ぐらいになると概ね切ることができるようになるということや、曲線や円形といった曲った線を切ることは6歳くらいになってもまだまだ難しいということが明らかになった。


    経験の不足が用具の習得に大きく影響しているということがよく言われる。ハサミの使用についても同様で、3歳児入園と4歳児入園の園児を4歳児の初めに比べてみると切り抜く能力の差は歴然としている。しかし、5歳児になるころにはその差はなくなっている。このことからは、経験だけでなく身体発達も大きく関わっていることが推察される。


    ただ、経験が多ければ上達することは紛れもない事実であり、子ども達の様子に合わせて使う機会を設けるようにすることが大人には求められているのだろう。


    教育学部 教育福祉学科 大西 洋史

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0006 

    兵庫県神戸市中央区諏訪山町3番1号

    TEL 078-341-6060(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    三木キャンパス三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.