特色ある教育
    ホーム>最新情報一覧>【広報課】国際コミュニケーション学部渡邊教授の授業を取材!

    【広報課】国際コミュニケーション学部渡邊教授の授業を取材!

     

    【2020年11月19日】

    IMG_6232-2.JPG

    国際コミュニケーション学部 渡邊 頼純  教授

    11月17日(火)3限に尼崎キャンパス505/506教室で行われた「グローバル事情」(2年生対象)の授業に広報課の取材でお邪魔しました。協力頂いた先生、学生の皆さんありがとうございました。


    さて、国際コミュニケーション学部長自ら教鞭を取られている授業という事で興味津々で参加しましたが、まさに想像以上の授業でした。まず教室に入ると、最初からAll English! 教授が出欠を取りながら受講生の調子などを気遣うやり取りやそれに返答する学生も、コミュニケーションすべてが英語で行われます。ネイティブ講師によるスピーキングやリスニングの授業なら全て英語なのは理解できますが、日本人の先生でいわゆる語学以外の授業でほぼ英語オンリーというのは正直驚きでした。
    注)学生の理解を深めるため日本語でも追加的に説明することもあります。


    また、外交の専門家として世界を渡り歩いて来られた先生の授業は、まさにグローバルを体感させられる興味深い内容でした。「政治の世界でいうHard powerとSoft powerとは?」「ヨーロッパの移民・難民問題のきっかけは?」「中国以外で近年台頭してきている大国と言えば?」など、ちょっと考えなければならない質問がいつ飛んでくるか分からないので、全然気が抜けません。それに、内容もそうですが受講する在学生たちの真剣な姿勢、英語の流暢さにも本当に感心です。(ちょっと古いですが)私が大学生だった頃には知らなかったボキャブラリーも学生の発言からポンポン出て来ましたし、クラスメイトにはカンボジアやインドネシア出身の留学生もいたりして、きっとお互いに刺激を受けながら一生懸命に勉学に取り組んでいるんだろうな、という印象を強く持ちました。


    彼らはまだ2年生。海外留学(グローバルリサーチ)も経験するのはこれから。卒業までにどれだけ伸びてくれるのか、今から本当に楽しみです。


    IMG_6245.JPG

    教授からの一方通行の講義ではなく、学生の意見を聞いた

    り、学生同士のディスカッションもある。


    IMG_6240.JPG

    教材『Globalization of World Politics,Oxford University Press,2020』は全編英語で600ページ以上!

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0004 

    兵庫県神戸市中央区中山手通6丁目5番2号

    TEL 078-371-8000(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.