特色ある教育

    経験学習プログラム

    実習探訪 保育実践観察法

    幼稚園・保育現場での観察を通して保育のあり方を学びます

    保育の現場で一人の乳幼児に観点を定め観察。記録を取り、保育者と意見交換を行います。保育の流れ、乳幼児の理解、幼児の発達とその特徴、保育者の動きと意図、保育者と幼児のかかわり方、ねらいに沿って行われる保育・環境構成のあり方などを学びます。

    本年度、大学内に設置された「チャッピー保育園」での学びも大いに期待されるところです。

    welfare_children_ph-career01.jpg

    体験型の授業の多い関西国際大学。こども学専攻では夏休み期間中、集中講義として「保育実践観察法」を設け、体験型学習を行います。集中講義は4日間、幼稚園・保育所現場での観察を通して保育のあり方を学びます。1日目は本学の付属施設でもある兵庫県尼崎市の「立花愛の園幼稚園」園長・濱名浩先生による講義。

    保育の意味と位置づけ、乳幼児にとっての保育者の存在の意義などを学び、保育実践観察記録の取り方を身につけます。2日目は幼稚園へ行き、遊びやコミュニケーションを体験。同時に個人観察の対象となる乳幼児を決めます。3日目はいよいよ実践観察。観察の対象となる乳幼児をマンツーマンで30分間観察します。友だちとケンカした、おもちゃで遊んでいる、笑っている…など、乳幼児の動きを詳細に記録。そしてそこから自分なりに感じたこと、乳幼児の性格などを考察し、観察終了後に園の保育者と意見交換と振り返りを行います。4日目は保育園に場所を移し、0〜5歳児の保育の現場を体験します。こどもたちと生活をともにしながら、食事の与え方、保育者と乳児のかかわり方、保育者の動きと意図などを観察します。観察する力を養い、保育や乳幼児への理解を深め、保育者としての使命を自覚し、その資質を高めることが目標です。

    得意分野をつくる実践的な教育環境

    3歳児のこどもを想定し、“秋の実りで楽器をつくろう”という課題を盛り込んだ指導案を作成しました。それをもとにゼミの仲間を相手に保育のシミュレーションを行い問題点を改善し、実習に臨みました。想定外のリアクションも多く、保育の難しさとやりがいを改めて感じました。

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0006 

    兵庫県神戸市中央区諏訪山町3番1号

    TEL 078-341-6060(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.