教育学部

教育福祉学科

尼崎キャンパス

1年次からの豊富な経験学習で多様な文化やICTにも触れながら、これからの時代のニーズに対応できる、一歩先行く未来の教育・福祉の専門家を養成します。

教育学部には、保育士、幼稚園・小学校・特別支援学校教諭、中学校(英語)教諭などをめざす「こども学専攻」とすべての人がその人らしく暮らす社会をめざす「福祉学専攻」の2専攻があります。すべての学生が「グローバルスタディ」という海外プログラムを履修することになっており、近年増加している外国籍のこどもへの理解も深めることができます。また、1年次から多数の現場経験の機会を豊富に用意しており、"現場のリアル"を存分に経験できます。変化に対応できる教育・福祉の専門家をめざしてください。

学びの特色

一歩先行く未来の
教育・福祉の専門家を育てる学び

教員・保育士・福祉の道を
5つのコースから選択(2年次より)

高い教員合格率
「小学校教員就職ランキング」

Point 01

インパクトのある体験で
大きく成長できるプログラム

教育学部では、ハイ・インパクトで大きく成長できるプログラムが魅力です。たとえば海外プログラム「グローバルスタディ」では、カンボジアやフィリピンなどの国に渡航し、こどもたちへの授業を仲間と協力して考えて、自らが教壇にたって体験します。日本とはまったく異なる言語・環境・文化の中で衝撃的な経験をすることで、大きく成長することができるプログラムがあります。

Point 02

教育・福祉の現場で求められる
「防犯・防災の力」が身につく

どこの現場であっても「防犯・防災に強い」人材は求められます。本学では「防災士」の養成に力を注いでおり、災害時や緊急時に冷静に対処できる知識と技術を身につけることができます。学校現場での防犯について、犯罪心理学の専門家の意見を聞いたり、地域の防災チームと一緒になって街の防災を考えるなど、将来に役立つ経験をすることができます。

教育学部教育福祉学科 オンラインセミナー

学生の声

薗田 優奈

薗田 優奈
教育学部 教育福祉学科 4年(取材時)  大阪府立吹田東高等学校 出身

異文化交流の機会が豊富で、
複数免許を同時に取得できる点に魅力を感じています。

保育士・小学校教諭・特別支援の免許など多くの資格を取得できる点に魅力を感じ、入学しました。私の夢は児童心理治療施設で働くことで、そのためには多様性の理解が欠かせません。異文化交流する機会が豊富なKUISsでの学びは、夢の実現にとても役立つと思います。

その他 特徴的な学び

デジタルとの融合!全国的にも珍しい学びを導入

デジタルとの融合!全国的にも珍しい学びを導入

令和3年度「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」採択(全国私学22校のみ)幼稚園教育実習事前事後指導にて、模擬保育や園での実践を360度カメラで撮影し、振り返りを行っています。これにより、こどもの表情がしっかり記録され、自身の行動をふりかえることができます。

異文化・多様性との融合!全員が海外プログラムを履修

異文化・多様性との融合!全員が海外プログラムを履修

教育学部の学生は、海外プログラムの「グローバルスタディ」を全員履修します。フィリピンプログラムでは、スラム街へ行き、子どもたちへの炊き出しを行ったり、カンボジアプログラムでは、子どもたちへ数学を教えたりと、仲間たちと協力しながら、日本ではできない国際大学ならではの経験で視野が広がります。

セーフティに強くなる(安全安心を提供できる教員)

セーフティに強くなる(安全安心を提供できる教員)

関西国際大学では全学部で「防災士」の資格が取得可能です。また、大阪市北区の「西天満小学校150周年記念防災訓練」において大阪市北区社協職員による事前説明会とチャレンジゲーム(ビニールかっぱと新聞紙スリッパづくりの練習)を行うなど学校における防災活動にも力を入れており、「安全安心」にも強い教員としての力が身につきます。

都市型キャンパスならではの豊富なボランティア活動

都市型キャンパスならではの豊富なボランティア活動

尼崎キャンパスは駅まで徒歩約5分と非常に便利な立地にあります。1階には保育園を併設しており、すぐ近くには大きなショッピングモールもありますので、子どもに関するボランティアにも参加しやすい環境です。ゼミ活動でも徒歩圏内のアミング潮江商店街へ出向き、子育て支援プロジェクトをボランティア活動で実施しており、多くの学生が参加しています。

目指せる資格

保育士資格/幼稚園教諭一種免許状/小学校教諭一種免許状/特別支援学校教諭一種免許状/中学校教諭一種免許状(英語)/社会福祉士(国家試験受験資格)/スクールソーシャルワーク教育課程/防災士 等

将来の進路

就職率 96.8%

2021年度

めざす進路

英語教員(中学校) 児童相談所 小学校 幼稚園 保育所 教育委員会(スクールソーシャルワーカー) 社会福祉施設(児童・障がい・高齢者)
児童養護施設 児童家庭支援センター 社会福祉協議会 企業 等
詳しくみる

卒業生インタビュー

瓜生 貴裕

兵庫県小学校教諭(正規)

瓜生 貴裕(2019 年3月卒業)

兵庫県立明石西高等学校 出身
小学4年生の担任として授業を受け持っています。KUISsでは、多くの免許・資格の取得をはじめ、教育実習やカンボジアの小学校で算数を教えたグローバルスタディなど、幅広い学びと経験を得ることができました。この経験で得た知識やスキルを活かして、こどもたちに携わることができるのが私の強みです。

石原 萌々香

尼崎市社会福祉協議会

石原 萌々香教育学部 教育福祉学科 福祉学専攻 卒業(2015年3月卒業)

尼崎市立尼崎高等学校 出身
職場では、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、成年後見制度を中心とした権利擁護に従事しています。学生時代に社会福祉士実習で地域包括支援センターへ行き、権利擁護について学んだことがきっかけです。入学当初は自分は何に興味があり、どのように社会に携わっていけるのかがわからず、就職に不安も感じていましたが、仲間とともに学び先生方と話をする中で、少しずつ自分の興味の方向性を確認できました。グローバルスタディでは、ベトナムでの自立支援のあり方を学ぶプログラムに参加。多様性を肌で感じ、考える体験は自分自身を見つめなおす機会となりました。また、サービスラーニングでは地域の声に耳を傾けながらの課題解決に挑戦。その経験は今の職場でもとても役に立っています。