保育士・教職志望学生へのサポート

「実習は厳しかったけど、めちゃくちゃ楽しかった。絶対に先生になりたい。」
実習を終えた学生から、そんな感想を聞きます。保育士や教師という仕事は、人と人とのつながりが重要な仕事です。子どもの成長を間近にみる仕事です。未来を生きる子どもたちを育てる責任ある仕事です。それだけにやりがいもあります。
グローバル化の進展や、AIの進化等、近い将来は、どのような社会になるか予測困難な時代の到来が予想されています。そのため、激変する社会の中でも、柔軟に対応でき、熱意のある保育者・教員が求められています。関西国際大学では、「予測困難な時代」の保育・教育にも対応できる実践的な保育者・教員の養成を目指し、多方面から指導・支援しています。

保育士・教員採用試験対策

保育士採用試験・教員採用選考試験とは?

各自治体は求める保育士像や教員像を設定し、採用試験を行っています。採用試験内容は概ね次のとおりです。

教員採用選考試験

〇筆記試験
教職教養(教職専門):教育に関する総合的な知識と理解を問う問題
①教育法規 ②教育心理 ③教育史
④教育原理・学校経営・生徒指導
⑤教育課程と学習指導要領 ⑥特別支援教育
⑦人権教育 ⑧教育時事・一般時事
一般教養:一般的な教養や常識。小・中・高で学んだこと
①人文分野:国語・英語・美術・保健体育・家庭等
②社会分野:歴史・地理・政治・経済・倫理
③自然分野:数学・物理・化学・生物・地学
④一般時事:国際情勢・政治・経済・社会・情報等
専門教養:最も重要な「教科」の知識が問われる。筆記試験の中でも難易度が高い。
①小学校:全教科《英語科含む》
②幼稚園
③中学・高等学校:受験教科
④特別支援学校
〇論作文試験:論理性+教職への熱意+人間性+基礎学力
〇面接試験:人物を多方面から評価
・集団面接
・集団討論(集団協議)
・個人面接
〇模擬授業
〇場面指導(ロールプレイ)
〇実技試験
・体育実技(水泳・マット運動他)
・音楽実技(ピアノ・ピアノ弾き歌い他)

保育士採用試験

一般教養
一般知能
①文章理解(現代文と英文の長文読解)
②数的推理(処理能力を見る問題)
③判断推理(中高の数学程度)
④資料解釈(統計グラフの読み取り)
一般知識
①社会科学(政治・経済・社会
②文科学(日本史・世界史・地理・国語・思想・文学・芸術)
③自然科学(数学・物理・化学・生物・地学)
専門教養
①保育原理 ②教育原理及び社会的養護
③児童家庭福祉 ④社会福祉
⑤保育の心理学 ⑥子どもの保健
⑦子どもの食と栄養 ⑧保育実習理論

~保育士・教員を目指す学生一人ひとりを丁寧にサポートします~

本学では、日々の講義をベースに、センタープログラム、春季特別講座、夏季集中講座等で、「先生になりたい」学生に、手厚い指導と支援を行っています。

センタープログラム

  • 2回生から、保育士・教員採用試験受験に向けて、基礎固めができるプログラムを組んでいます。理科・数学等、自分の苦手科目を克服しようとする学生が参加しています。
  • 模擬授業対策については、採用試験対策のみならず、教員として、教壇に立った時に役立つ、 発問の在り方、板書の構成、グループワークについても実践的に指導していきます。
  • 模擬保育では、子どもの発達に合わせた言葉の使い方や、適切な話すスピードの調節、身振り手振りなど、園での様々な生活場面を想定し、子どもたちの表情や様子を見ながら保育が展開できるよう指導していきます。また、系列園の汐江ふたば保育園やチャッピー保育園などと協力し、実際に子どもたちの前でも絵本の読み聞かせなどを行い、確かな実践力を身に付けていきます。
  • 面接指導対策は、まずは、「自分の『強み』、は何か」「なぜ、保育者・教員になりたいのか」「どのような保育者・教員になりたいのか」等、自分自身を見つめなおすことからスタートします。そして、保育・教育現場の現状や課題をテーマにした、集団討論(協議)対策、集団面接・個人面接対策等を通じて、「話す」「聴く」といった基本的スキルを身に付け、自分の考えの主張の仕方を考える機会とします。

春季特別講座

次年度に保育士・教員採用試験にチャレンジする学生が参加します。
面接対策のスタートとして、自分自身の「強み」「なぜ、保育者・教師をめざすのか」等、自分を見つめなおす取り組みから、自己PR(自己紹介)を作り上げます。また、志願書の書き方等、学生の疑問に応え、保育士・教員採用試験に対する不安を取り除くように、個別の支援にも当たっています。

夏季集中講座

8月から9月上旬、大学は夏季休業日となりますが、保育士・教員採用試験対策は追い込みの時期となります。面接対策、小論文対策、模擬授業・模擬保育対策、音楽実技等、受験自治体の試験内容に沿って対策講座を受講します。

教員試験対策プログラム(センタープログラム)時間割等の詳細はコチラ

教育実習のサポート

教育実習は、幼稚園・小学校・中学校・高等学校、特別支援学校教員の免許を取得するための必修科目です。実習では、大学の授業科目等で学んだことをもとにして、その実際を教育現場で体験します。また、教員としての役割と責任を認識し、自らの人間形成に資する機会でもあります。子どもとの関りだけでなく、先生方がどのようにして子どもたちと関わっているのか、授業のほかに先生方はどのような仕事をしているのかなど、先生の仕事ぶりもつぶさに見ることも大切です。 本学では、こうした教育実習を行う学生に対して丁寧に指導をしています。

保育実習のサポート

保育実習は、保育士資格を取得するための必修科目です。保育実習でも、実習生は、子どもとの関わりだけでなく、保育士の子どもとのかかわり方や、保護者対応、次の日の環境構成・環境整備など様々な役割があることを把握していきます。

インターンシップのサポート