特色ある教育
    ホーム>学部・学科>保健医療学部 看護学科>保健医療学部“三つの方針”

    保健医療学部“三つの方針”

     平成28年3月31日付文部科学省高等教育局長より通知のあった「学校教育法施行規則の一部を改正する省令の公布について」を受け、本学では三つの方針を策定致しました。

     今回の改正は、大学及び高等専門学校が、自らの教育理念に基づき、育成すべき人材像を明確化した上で、それを実現するための適切な教育課程を編成し、体系的・組織的な教育活動を行うとともに、当該大学等の教育を受けるにふさわしい学生を受け入れるための入学者選抜を実施することにより、その使命をよりよく果たすことができるよう、全ての大学等において、その教育上の目的を踏まえて、「卒業の認定に関する方針」、「教育課程の編成及び実施に関する方針」及び「入学者の受入れに関する方針」(三つの方針)を策定し、公表することを求めるものとなります。

    保健医療学部 看護学科“三つの方針”

    1. 卒業認定・学位授与の方針(DP)

     看護学科(以下、「本学科」という)では、本学の課程を修め、126単位の単位修得と必修等の条件を充たしたうえで、グローバルな視野に立った教養と看護学の専門的知識・技術・態度を修得し、科学的思考に基づいたヒューマンケアを実践できる看護専門職を育成します。その実現のために、KUIS学修ベンチマークで定めている教育目標に対して、以下の力・資質を備えた人物に学位を授与します。

    (1)自律的で主体的な態度(自律性)

    看護職を目指す者として、主体的に学修計画を立て、必要に応じて修正しながら実行することができる。

    (2)社会に能動的に貢献する姿勢(社会的貢献性)
    他職種の役割を理解し、看護職としての責任ある行動をとることができる。

    (3)多様な文化やその背景を理解し受け容れる能力(多様性理解)
    看護の対象者が持つ背景や価値観の多様性を理解し、相手の立場を尊重することができる。

    (4)問題発見・解決力
    看護における課題の解決に必要な知識及び資源を活用して、立案した 計画を実施できる。

    (5)コミュニケーションスキル
    対象者の思いや考えを理解するとともに、自分の考えを論理的に整理して伝える工夫をすることができる。

    (6)専門的知識・技能の活用力
    看護における現象を、習得した知識と技術を用いて説明し、個別性に合わせて活用することができる。

    • 2. 教育課程編成の方針(CP)
       本学科では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる知識・技能などを修得させるために、基盤教育科目、専門教育科目及びその他必要とする科目を体系的に編成し、講義、演習、実習を適切に組み合わせた授業を開講します。また、大学全体として、さまざまな分野で求められている「安全で安心」な組織をマネジメントする力を養うための教育を行います。
       本学科における基盤教育は、「大学卒業後まで見通した生き方の基盤(教養)を学ばせる」という意味と「大学の教育での学びの基盤となるべきスキルなどを学ばせる」という2つの意味を持っており、それを実現する教育課程の編成となっています。
       専門教育については、看護学専攻、看護グローバル専攻ともに1年次から3年次に専門教育科目を開講し、4年次には統合看護実習、卒業研究において段階的に学習する科目編成となっています。さらに看護グローバル専攻においては、3年次冬学期の海外研修と事前事後の学修を含む科目を開講し、異文化対応能力の向上を目指します。
       カリキュラムの体系を示すために、科目間の関連や科目内容の難易度を表現する番号を付するナンバリングを行い、カリキュラムの履修の優先度や体系性を示します。
       教育内容、教育方法、教育評価については以下のように方針を定めます。
      • 1)教育内容
        (1)基盤教育科目では、本学科がディプロマ・ポリシーで掲げている自律性、社会的貢献性、多様性理解を深めていくために、「人間学」を中心とした教養教育としての科目群と、高校からの円滑な移行を図り、学修および人格的な成長を実現するための科目群(初年次教育)と、大学教育で必要とされるスキル(語学、ICT、スポーツ)を学ぶ科目群が配当しています。
      • (2)学生一人ひとりが、受け身的に評価を受けるだけでなく、「評価」を理解し、自己評価能力を高めていき、評価材料を蓄積していくために「評価と実践I」と「評価と実践II」を必修科目として1年次から4年次に渡って配当しています。さらに同科目において学生自身が将来を見越した4年間の計画を立て、主体的に自己評価ができるようにします。
      • (3)専門教育科目では、看護学で求められる知識・技能の獲得のための専門教育科目を、1年次から4年次にかけて分野別に体系性・順序性を考えて配置します。1年次には、医学、社会学、心理学などにより人を心身の両面から理解し、さらに基礎看護学の講義、演習、実習を通して看護の基礎的知識、技術を習得する。2年次には、領域別の看護学の講義、演習を配置し、3年次には領域別実習において、大学で学修した知識(専門知)と実習で得た知識(経験知)の繋がりを理解し、実践できるようにします。
      • (4)4年次の卒業研究および統合看護実習を必修とし、専門教育科目を中心とする教育内容の統合と総合化を行います。
      • (5)看護師課程の国家試験受験資格の取得に必要な科目を1年次から体系的・系統的に配置しており、助産師課程および保健師課程については3年次に履修登録されたものがそれぞれの国家試験受験資格の取得に必要な科目の履修を3年次、4年次に行います。

    1)教育内容
    (1)基盤教育科目では、本学科がディプロマ・ポリシーで掲げている自律性、社会的貢献性、多様性理解を深めていくために、「人間学」を中心とした教養教育としての科目群と、高校からの円滑な移行を図り、学修および人格的な成長を実現するための科目群(初年次教育)と、大学教育で必要とされるスキル(語学、ICT、スポーツ)を学ぶ科目群が配当しています。

    (2)学生一人ひとりが、受け身的に評価を受けるだけでなく、「評価」を理解し、自己評価能力を高めていき、評価材料を蓄積していくために「評価と実践I」と「評価と実践II」を必修科目として1年次から4年次に渡って配当しています。さらに同科目において学生自身が将来を見越した4年間の計画を立て、主体的に自己評価ができるようにします。

    (3)専門教育科目では、看護学で求められる知識・技能の獲得のための専門教育科目を、1年次から4年次にかけて分野別に体系性・順序性を考えて配置します。1年次には、医学、社会学、心理学などにより人を心身の両面から理解し、さらに基礎看護学の講義、演習、実習を通して看護の基礎的知識、技術を習得する。2年次には、領域別の看護学の講義、演習を配置し、3年次には領域別実習において、大学で学修した知識(専門知)と実習で得た知識(経験知)の繋がりを理解し、実践できるようにします。

    (4)4年次の卒業研究および統合看護実習を必修とし、専門教育科目を中心とする教育内容の統合と総合化を行います。

    (5)看護師課程の国家試験受験資格の取得に必要な科目を1年次から体系的・系統的に配置しており、助産師課程および保健師課程については3年次に履修登録されたものがそれぞれの国家試験受験資格の取得に必要な科目の履修を3年次、4年次に行います。

      2)教育方法
      (1)主体的な学びの力を高めるために、グループワークやプレゼンテーションなどを中心としたアクティブラーニングを取り入れた教育方法を、専門教育科目を中心に実施します。

      (2)専門教育科目においては、アサインメントやレポート課題を課す時期と課題の整合性・連続性を図り、形成的評価のための期中のフィードバックを行います。

      (3)臨地実習は、問題解決学習(PBL)を用いて、指導教員および臨地実習指導者から助言を受けながら学修を深めます。また、小グループでのグループ学修により他者の意見も尊重しながら学修を発展させ、看護学で学んだ専門知識を活用した問題発見・解決方法の修得をはかります。

      (4)国家試験受験資格に必要な専門的知識の能力確認のために外部テストの導入及びeラーニングによる自己学習の推進や結果のモニタリングを行います。また学科教員による模擬試験・国家試験対策のための時間を開設し、1年次から段階を追ったプログラムを実施します。

      (5)目標・記録・評価の総合的ツールであるeポートフォリオを4年間かけて作成し、自己の学修成果と学生生活を自分自身で管理し、「ふりかえり」(リフレクション)を行い、自らの経験と身に付けたものを情報発信できる方法を身に付けます。

      (6)卒業までに修得すべき汎用的能力を測るために、学期末にKUIS学修ベンチマークや専門科目の達成度について、学生による自己評価を行い、アドバイザー教員との面談を通し、振り返りと改善を行います。

      3)教育評価
      (1)2年生終了時には、それまでの専門教育科目の水準を修得し、上級学年の専門教育を履修する基礎的知識が修得できているかを確認する「到達確認試験」を行い、不合絡のものには再試験を課し、それに合絡することを求めます。

      (2)各学年・学期には専門科目を配置しており、各段階実習にはそれまでの専門科目の単位取得がないと履修できない要件を設けています。

      (3)4年間の学修成果は、統合看護実習および卒業研究によって評価ルーブリック・到達目標の到達度で総括的評価を行います。

      3. 入学者選抜の方針(AP)
       本学科は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)に定める人材を育成するために、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人を求めます。

      (1)高等学校の教育課程を幅広く習得している。

      (2)医療や看護について興味関心を持ち、看護職の仕事を通じ社会に貢献しようという熱意と意欲を持っている。

      (3)高等学校までの履修内容のうち、「国語総合(現代文)」と「英語」を通じて、読む・書く・聞く・話すというコミュニケーション能力の基礎的な内容を身につけている。

      (4)高等学校までの履修内容のうち、看護学を学ぶ上で基礎となる「理科(生物基礎または化学基礎)」を身につけている。

      (5)入学前教育として求められる、必要な基礎的知識を身につけるためのeラーニングプログラムに最後まで取り組むことができる。

      奨学金

      サッカー部

      硬式野球部

      硬式テニス部

      大学ポートレート

      三木キャンパス

      三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

      〒673-0521

      兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

      TEL:0794-85-2288(代表)

      アクセスはこちら


      尼崎キャンパス

      尼崎キャンパス尼崎キャンパス

      661-0976

      兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

      TEL:06-6498-4755(代表)

      TEL:06-6496-4120(入試課)

      アクセスはこちら

      Kansai University of International Studies ©All rights reserved.