保健医療学部 看護学科
看護学専攻

幅広い教養と科学的思考、
豊富な体験学修に支えられた看護専門職者をめざす

看護師として、さらには助産師、保健師としての活躍をめざすための専攻です。看護の現場で豊富な経験を積んだ教員による授業と、最先端の施設を備えた病院での充実した実習により、実践的な知識と技術を修得できます。同級生や先輩後輩、教師や職員、実習先の患者さんや看護師、医師、さらに他学部の学生など、多くの人々とのかかわりを通して、豊かな感受性と人間性を養うことが可能です。看護専門職者にふさわしい人格と知識、そして幅広い教養を身につけてください。

めざす進路

  • 病院/助産所/保健所
  • 訪問看護ステーション
  • 市町村保健センター
  • 企業の健康管理部門
  • 福祉施設
  • 大学院進学等

めざす資格・免許

  • 看護師国家試験受験資格
  • 助産師国家試験受験資格(※1)
  • 保健師国家試験受験資格(※1)
  • 養護教諭二種免許状(※2)
  • 防災士

(※1)選択制(※2)保健師の資格を取得し、要件を満たした場合、卒業後取得可能。

学びの特色

1
看護の学びを深め、助産師や保健師の資格取得も可能に

4年間の学習で、看護師だけでなく助産師もしくは保健師の資格取得にも挑戦できます。1年次から、小グループ制のゼミを中心に、一人ひとりの「なりたい看護職」を意識した支援を実施。本学独自の「成長を可視化する学修システム」を活用した学びにより、希望する未来に全力で進むことができます。

2
地域の医療機関や施設と連携
実践的な看護技術を習得

地域の高度先端医療を担う北播磨総合医療センターと提携・協業し、充実した実習を実現。さらにセンターから講師を招き、医療現場の生きた知識や技術を直接学ぶことができます。ほかにも神戸大学医学部附属病院など、多数の県内主要医療機関と提携。実践的な看護力を、確実に身につけることが可能です。

3
多様性を理解し、他者と協働。これからのチーム医療を実践

医療の現場でも、グローバル化や多様化が急速に進んでいます。英語力と異文化理解を高める「看護グローバル専攻」はもちろん、学部全体で「他者を理解し、協働する」力の向上に取り組んでいます。現場での対応力とマネジメント力を身につけ、多くの専門家と力を合わせるチーム医療の基礎を学べます。

担当教員の声

愛を以って人に寄り添える看護専門職者をめざし、
未来に向けてチャレンジするみなさんを応援します

目まぐるしく変化する社会情勢の中で、人々の健康な生活を支える看護職の役割は多様化・複雑化しています。本専攻では、こうした状況に対応できる看護専門職者の育成をめざし、人との"対話(Communication)"を通して看護のあり方を"考察(Consideration)"し、より健康な生活の実現に"貢献(Commitment)"できる能力を養います。体系的に組まれたカリキュラムは、学生一人ひとりが将来の目標に向かって4年間の学修を「計画(Plan)し、実行(Do)し、振り返り(Check)、改善(Action)する」PDCAサイクルの繰り返しによって、自らの成長を実感できる「学び」を提供します。愛を以って人に寄り添える看護専門職者をめざす、多くの皆さんのチャレンジを、心から応援します。

谷口 由佳 准教授

●老年健康看護学概論 ●老年看護援助論 ●老年看護学実習

[経歴]大阪大学医療技術短期大学部看護学科卒業。神戸市看護大学大学院看護学研究科看護学専攻博士前期課程修了。
京都橘大学大学院看護学研究科看護学専攻博士後期課程修了。2007年から看護教育に携わり、2020年4月本学着任。
専門は老年看護学。研究テーマは「高齢者のエンドオブライフ・ケア」