セーフティマネジメント教育研究センター

202105.28
セーフティマネジメント教育研究センター

オンラインで実施した防災授業の様子が神戸新聞に掲載されました

ひょうごボランタリープラザの高橋守雄所長に特別講師としてお越しいただき、オンラインで実施した防災授業(セーフティマネジメント論・コミュニティ防災)の様子が神戸新聞に掲載されました。

高橋所長にお越しいただいた5月14日は緊急事態宣言中という事もあり、オンライン会議アプリZoomを活用して防災に関わる授業を遠隔にて2コマ実施しました。


高橋所長は昨年7月の熊本豪雨災害の事例を通して新型コロナウイルス禍における災害ボランティアのあり方について紹介され、「コロナも一つの災害。自然災害とコロナ災害が重なる多重災害について、どう備えるべきかを考えてほしい」と学生に語りかけました。

学生達はアプリの機能を使いながら、高橋所長からの問いかけに対して互いに多くの意見を出し合いながら授業に参加していました。

紙面掲載:神戸新聞 2021年5月16日(日)朝刊[三木版]

神戸新聞NEXT掲載ページはこちら→

この記事をシェアする

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter