(コロナ)在学生へ(保護者の方へ)

202108.19
(コロナ)在学生へ(保護者の方へ)

【学生ならびに保護者のみなさまへ】本学における新型コロナワクチン職域接種について

学生の皆さん
保護者の皆さま

関西国際大学学長・危機管理対策本部長
濱名 篤

 夏休みになっていますが、今年は天候不順とコロナ禍の両方が災いし、皆さんには旅行・帰省もできにくく、家族や友人との会食も思うようにできない状況にあり、楽しいとは言いにくい"我慢の夏"を過ごしておられるのではないでしょうか。学生生活における自由な夏休みが2年連続楽しむことが難しいことの残念さはいかばかりかと思います。

 さて、明日20日から9月12日まで兵庫県も含め7府県において「緊急事態宣言」が発出され、これまでと合わせて13都府県が対象となります。まん延防止等重点措置が新たに10県に発出されるのと合わせれば、ほとんどの地域でデルタ株によるコロナ感染が急拡大しており、全国的に危機感が広がってきています。こうした傾向は世界中で同様に見られます。

 □ 本学学生感染者の状況

 本学学生感染者の感染状況をみると、これまで3キャンパスで計66名(全学生の2%)が感染しています。決して他人ごとではありません。このうち授業での感染は1人もおらず、クラブ活動23%、寮生活23%、飲食や遊びに行って18%、家庭内・同宿による16%、アルバイト13%、不明8%です。直前の状況は様々ですが、生活範囲が広くなると感染リスクが高くなっています。皆さんには引き続き、飛沫に最大限気をつけ、黙食・マスク飲食ではない状態での飲食(特に複数人数での)を避け、感染予防をさらに徹底し、不要不急の外出自粛を守ってください。

 □ 本学でのワクチン接種の実施日

 すでに一斉配信でお知らせしていますように、本学尼崎キャンパスでの大学職域接種は、ようやく9月4・5日に第1回目が開始されることになりました(2回目は9月25・26日です)。7月末に行った学生の皆さんへの調査結果では、22%の皆さんが接種済み、60%が今後接種予定または接種希望と回答しており、82%が接種の意思を示しています。健康上の理由で接種できない人はやむを得ないですが、大多数の学生がワクチン接種の副反応以上に感染するリスクの方が大きいと理解しているようです。

 □ ワクチン接種希望者の第2次募集

 接種予定・希望の方は、本学での接種の2次募集への予約がまだ可能です。近日中に学外の方の予約を開始することとなりますので、それまでに予約をしてください。人数に限りがありますので希望者は急いでください。もちろんそれ以前に大型接種会場やかかりつけ医で接種できる方は、少しでも早い接種をしてください。ワクチン接種をすれば感染しない訳ではありませんが、現段階での自衛措置としては最優先であると言わざるを得ません。

 9月12日までで「緊急事態宣言」が終了し、皆さんが少しでも正常な対面授業が受けられるように、大学としても最大限の努力をします。皆さんもお互いに励まし合って、自分たちの生活を守っていこうではありませんか。やればできた!と言えるように秋学期から皆さんのキャンパスライフを取り戻そうではありませんか。

この記事をシェアする

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter