経営学科ニュース

202110.07
経営学科ニュース

【経営学部】グローバルスタディⅠ インバウンドを意識した新たな神戸観光の魅力をつたえる動画作成(ソウル/2021夏)

経営学科学生17名で神戸市内にて、グローバルスタディⅠの現地活動を実施しました。昨年のGSから引き続き、「アフターコロナ」における神戸のインバウンド観光のあり方というテーマを設定し、韓国からの観光客を想定した、神戸観光のPR動画を作成しました。


現場学習(撮影)に先立ち、韓国・祥明(サンミョン)大学校の学生とのzoomによる交流会を開催し、さらに、神戸観光局よりレクチャーを受けました。その後、4つのグループにわかれて、それぞれが神戸観光のPRプランをたて3日間の撮影をおこないました。韓国の大学生や神戸観光局との交流で学んだことを交えつつ、神戸観光の魅力を伝えることができるよう撮影に励みました。


そして、ただいま撮影した動画を編集しています!
学生独自の視点と発想で、4つの個性的な動画が完成しつつあります。とくに今年は、どのグループもストーリー性を意識し、「神戸に行ってみたい、神戸のさまざまなものに触れてみたい!」と感じさせる内容になっています。完成がとても楽しみです!

1.png
韓国・祥明大学校の学生による発表

2.jpg
撮影風景(神戸北野異人館街)

3.jpg
撮影風景(神戸メリケンパーク)

4.jpg
編集中の動画をみんなでチェック!


担当教員:経営学部 経営学科 李 容淑
     現代社会学部 総合社会学科 八木 寛之

この記事をシェアする

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter