学生生活

202204.02
学生生活

2022年度入学式を挙行しました

IMG_6488.JPG
IMG_6494.JPG

2022年4月2日(土)に、神戸国際会館こくさいホール(神戸市中央区)にて2022年度の入学式を挙行いたしました。

本式典は新型コロナウイルス感染症対策を十分に講じ、また学部別に時間を分けることで参加人数を制限し、2部制にて行いました。

なお、今年度の入学式では、現在のウクライナ情勢を受け募金を募りました。

第1部は経営学部・教育学部・保健医療学部419名、大学院19名、編入学9名、計447名の新入生を迎え、第2部は国際コミュニケーション学部、社会学部、心理学部253名、編入学7名、計260名の新入生を迎えて行われました。

式典では開式の辞に続き、濱名篤学長の入学許可宣言が行われ、学科長の呼名で新入生が一人ひとり壇上に上がり濱名学長より、記念品として、本学の教育ミッションである3Cと4年間で身につけてほしい到達目標であるKUISsベンチマークが書かれたしおりが手渡されました。

続く学長式辞では、学長から新入生へ祝福の言葉が贈られました。特に、現在のウクライナ情勢やwithコロナ時代に思いを巡らせ、「学歌に『心の地図から境界線が消えてなくなる』という歌詞があるように、差別や偏見をなくすことを考えてほしい」と人種差別への想いを熱く語りました。最後は「やればできた、もっとできる」の激励で締めくくりました。

神戸市・尼崎市・三木市長からビデオメッセージで祝辞を頂戴した後、学生会代表の柴田 優駿さんから新入生へ歓迎の言葉が贈られました。それを受け、新入生代表として第1部では高橋 徹さん、第2部では田中 美愛さんがお礼として新入生の言葉を述べました。

学科斉唱では、本学強化クラブ吹奏楽部と神戸山手女子高等学校音楽科、同中高コーラス部のコラボレーションとなりました。

感染症対策のため参列者全員での斉唱とはなりませんでしたが、「心の中で歌う」特別な学科斉唱となり、式は幕を閉じました。

この記事をシェアする

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter