セーフティマネジメント教育研究センター

202205.27
セーフティマネジメント教育研究センター

三木市長から2022年度「三木市避難所運営サポーター」への委嘱状が交付されました

01.jpg

(安全に配慮をし、写真撮影時のみマスクを外しています。)

関西国際大学と三木市が締結している『三木市避難所運営サポーターに関する協定※』に基づき、今年度も5月26日に三木市役所にて、本学の経営学部学生への「避難所運営サポーター」委嘱状交付式が行われました。

昨年度から継続の16名に加え、新たに20名の学生に委嘱状が交付され、計36名が『三木市避難所運営サポーター』を受嘱しました。

本学と三木市が連携をし、三木キャンパス経営学部の学生に対して1年間を通して「避難所運営サポーター」として必要な避難所運営に関する研修を授業の一環として進めています。「避難所運営サポーター」を受嘱した学生は全員、研修の中で防災に関する一定の知識・技能を有していると認定される『防災士』の資格を取得しています。

委嘱式には36名の代表として3名の学生が参加し、仲田市長から委嘱状が交付されました。

委嘱式後、仲田市長から「災害時だけでなく、平常時での防災についての情報発信についても協力をしていきたい。学生の皆さんの力に期待をしている。」と参加した学生一人ひとりにお声掛けをいただきました。

『三木市避難所運営サポーター』を委嘱された学生達には、平常時には避難訓練への参加など地域の防災力向上への取り組み、災害時には避難所運営を円滑に進めるための補助業務を担ってもらうことなどが期待されています。

※【三木市避難所運営サポーターに関する協定】

三木市内において災害が発生した場合に、市が設置する避難所の円滑な運営を支援するため、令和2319に関西国際大学と三木市は「三木市避難所運営サポーターに関する協定」を締結。

02.jpg
03.jpg
04.jpg

この記事をシェアする

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter