学修支援室センターTOP

202205.06
学修支援室センターTOP

2022年度春学期センタープログラム 横山雅彦准教授による「TOEIC®︎対策講座」

5月第3週より、横山雅彦准教授による「2022年度春学期センタープログラム TOEIC®︎対策講座」が始まります。学修支援センターが主催するものですが、今回はセンタープログラムとしては初めて、神戸山手・三木・尼崎の3キャンパスをつなぎ、zoomで行われます。月曜日と木曜日の週2回、全10回の講義で、まずは全員が500点をクリアできることを目指します。

国際コミュニケーション学部を対象に、2019年度から始まった横山准教授のTOEIC®︎対策講座は、他大学には類を見ない飛躍的なスコアアップを実現してきていますが、今年度からは全学部に開かれることで、さらなる成果が期待されます。

申込締め切りは5月12日(木)17時、お問合せや申込は各キャンパスの学修支援室まで。

ごあいさつ

センタープログラム TOEIC®︎対策講座担当 横山雅彦

日本はTOEICのスコアが高ければ、出身大学や偏差値など関係なく、一発逆転できる「夢の国」です。TOEIC 700点以上なら年収は100万円の差を生み、900点以上であれば、生涯収入は6億増えるという試算もあります。その是非はいろいろあるでしょう。しかし、英語「も」できるようになって損はない。この「ジャパニーズ・ドリーム」を利用しない手はないのです。

200点台→800点台など、他大学に類を見ない飛躍的なスコアアップを実現してきた過去3年間のセンタープログラムの成果を踏まえ、いよいよ今年度から、全キャンパスを対象としたTOEIC®︎対策講座を実施します。教科書(要購入)を用いた全10回の本格的な講義です。現在の英語力は一切関係なく、英語が苦手な学生も大歓迎します。ただし、「決して授業を休まないこと」が、唯一の受講の条件です。全受講生の100-200点のアップを約束します。がんばりましょう。

toeic.jpg

・TOEIC®対策プログラム 座談会

この記事をシェアする

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter