(コロナ)在学生へ(保護者の方へ)

202007.22
(コロナ)在学生へ(保護者の方へ)

【学生の皆さんへ】夏学期の開講について

関西国際大学
学長 濱名 篤


新型コロナウイルス感染症の状況につきましては、いったんは改善の方向が見えましたが、7月に入り東京のみならず大阪を含め全国各地で感染者が急増してきており、残念ながら第二波の到来ではないかとの声も聞こえてきております。


本学では4月23日から遠隔による授業(C方式)を開始し、その後5月21日に兵庫県ならびに大阪府における緊急事態宣言が解除をされたことを受けて、段階的に全ての授業を対面授業とすることを念頭に、まず6月1日からは希望する学生に対して対面授業を行う、遠隔と対面を併用する授業(B方式)を行ってきました。


6月中旬以降、新型コロナウイルス感染状況が落ち着いていたことから、次の段階として夏学期からはすべてのキャンパスにおいて対面による授業(A方式)を行う予定とし、学生の皆様にも案内して参りましたが、このところの全国各地での感染拡大の影響を鑑み、夏学期の開講は当面の間(少なくとも8/23までの第1ゾーンについて)対面を要しない授業はすべて遠隔受講とするB+方式といたしますので、学生の皆さんにご連絡します。開講方式を変更する際には改めてご連絡します。


本学としては、コロナ禍が終息し、一日も早く対面授業に戻したいのですが、遠隔授業にせざるを得ないことは皆さんの学習に支障をきたさないかを憂慮しています。


遠隔授業が対面授業の単なる代替方法(代わり)にとどまらず、新しい学びの方法として、対面授業にはない価値を皆さんに提供できるように授業アンケートなどを参考に点検し、改善を図っていきたいと思います。皆さん自身も、予復習に注力する、遠隔授業の中で積極的に発言・質問する、グループワークやディスカッションに能動的に参加するなど、主体的な受講を期待します。

   
■開講方式:B+方式
対面を要する授業のみを対面受講とし、対面を要しない授業はすべて遠隔受講


■対象期間:8月3日(月)~8月23日(日)(主に第1ゾーン実施授業が対象)


*8月24日(月)以降の授業(主に夏学期の第2ゾーン:8/28~)の開講方式については、後日改めてご連絡します。


■授業の選別:対面授業の対象は後日教務課より連絡します。

参考:
A方式(対面授業):すべてのキャンパスにおいて対面方式で開講(非常勤担当の一部科目は教室での遠隔受講もあります。また、受講者が多く過密になる場合は、学内での遠隔受講もあります)。


B方式(対面・遠隔併用授業):各キャンパスでの対面受講と学外からの遠隔受講を選択して登録した方式で受講


C方式(遠隔授業):全員学外からの遠隔方式で受講。

なお、夏季休業期間中においても、この後の感染状況の変化に留意し以下のことに十分注意をしてください。


① 健康管理と規則正しい生活を心がけ、体調が思わしくない場合は大学に相談・連絡を行う。
② 3密(密接空間、密集場所、密接場面)を避け、外出時等のマスク着用を行う。
③ 感染症予防、熱中症予防を徹底する。
④ 厚生労働省の感染症対応アプリであるCOCOAをインストールしておく。
⑤ 感染者の多数発生している地域への不要不急の帰郷、旅行等はできるだけ避け、やむを得ない帰郷、旅行等の場合には上記留意点を厳守する。
⑥ 海外渡航は禁止要請を継続していますので、やむを得ない事情がある場合は、留学生の帰国も含め希望する場合は海外渡航届をあらかじめ提出し、事前に相談をおこなう。


*なお大学閉館期間【8月10日(月)~8月15日(土)】中の問合せ先、問合せ方法については、後日改めてご連絡します。


以上

この記事をシェアする

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter