3つのポリシー(2022年度用)

平成28年3月31日付文部科学省高等教育局長より通知のあった「学校教育法施行規則の一部を改正する省令の公布について」を受け、本学では3つのポリシーを策定致しました。

今回の改正は、大学及び高等専門学校が、自らの教育理念に基づき、育成すべき人材像を明確化した上で、それを実現するための適切な教育課程を編成し、体系的・組織的な教育活動を行うとともに、当該大学等の教育を受けるにふさわしい学生を受け入れるための入学者選抜を実施することにより、その使命をよりよく果たすことができるよう、全ての大学等において、その教育上の目的を踏まえて、「卒業の認定に関する方針」、「教育課程の編成及び実施に関する方針」及び「入学者の受入れに関する方針」(3つのポリシー)を策定し、公表することを求めるものとなります。

国際コミュニケーション学部 観光学科"3つのポリシー"

1.卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

国際コミュニケーション学部観光学科(以下、「本学科」という)では、本学の課程を修め、126 単位の単位修得と必修等の条件を充たし、学校法人濱名山手学院の教育ミッションにもとづき、グローバルな視野にたった教養と観光学の専門的知識・技能及び以下の6つの力・資質を総合的に活用して、観光産業において活躍できる人物に学士(観光学)の学位を授与します。

(1)自律的で主体的な態度(自律性)
自ら主体的に計画を立てて実行し、ふりかえりを行いながら取り組むことができる。

(2)社会に能動的に貢献する姿勢(社会的貢献性)
より多くの人に他者との協働を促し、社会や集団の目的達成に貢献できる。

(3)多様な文化やその背景を理解し受け容れる能力(多様性理解)
自分とは異なる考え方や価値観を尊重し、多様な社会的・文化的背景を受け容れながら行動できる。

(4)問題発見・解決力
様々な社会的・文化的な現象について科学的な視点から理解し、根拠にもとづいた解決のための提案ができる。

(5)コミュニケーションスキル
日本語・英語双方の言語で必要なコミュニケーションをとることができる。特に、英語力については卒業までに TOEIC600 点以上、CEFR*-B2 レベル程度を達成する。
*ヨーロッパ言語共通参照枠(Common European Framework of Reference for Languages)を指す。語学のコミュニケーション能力のレベルを示す国際標準規格。

(6)専門的知識・技能の活用力
マーケティングの知識・手法に基づき、観光産業で求められる知識・技能と活用して、既存の課題の解決と新たな企画・提案ができる。

2.教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

本学科では、「卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)」に掲げる知識・技能などを修得できるように、4 年間の教育内容を体系的に編成し、教育方法を工夫して、達成状況を評価していきます。

1)教育内容

本学科の教育課程は、基盤教育科目と専門教育科目で構成し、科目内容に応じて分類し、基礎から応用へ段階的に学べるように編成します。
科目の段階的編成を明確にするために、すべての科目に内容と難易度を表現する記号と番号を付するナンバリングを行い、教育課程の体系と履修の優先度を明示します。
基盤教育科目と専門教育科目の内容は以下の通りです。

(1) 基盤教育科目

基盤教育科目では、生涯にわたって活躍し、豊かな人生を送るための基盤となる教養やスキルを修得します。基盤教育科目は低学年を中心に編成し、KUISs ベーシックス、コモンベーシックス、リベラルアーツの各科目群において、以下の内容について学びます。

①KUISs ベーシックス科目群では、初年次教育を通して大学への適応をはかり、批判的な思考を養いつつ、情報の分析やレポートの書き方といった大学における基本的な学習スキルと、ディスカッションの進め方やリーダーシップの在り方など社会に出てからのコミュニケーションスキルを修得します。さらに、すべての学生が「評価と実践Ⅰ」と「評価と実践Ⅱ」を履修し、評価の意義と重要性に関する知識・理解のうえに、自分自身の学修の成果に関する自己評価を行います。さらにそれらの学びを活かし、自らのキャリアを考えるキャリア教育科目を学びます。
②コモンベーシックス科目群では、外国語科目とその他の科目を通じて、基礎的なコミュニケーションスキルを獲得します。また加速度的に進化する情報化社会へ対応するために、基礎的な ICT(情報通信技術)スキルを身につけます。
③リベラルアーツ科目群では、「人間学」を中心に「人間の理解」、「社会と生活」、「科学と生活」の3領域の履修を通して、現代社会における広範な問題の理解のための基本的視点・考え方を学びます。
④DX化が進展する社会で必要となるデータサイエンスに関する知識とスキルを身につけます。

⑤経験学習として、サービスラーニングまたはグローバルスタディの履修を選択必修とし、国内外で社会貢献活動に参加します。

(2) 専門教育科目

専門教育科目では、アジア太平洋地域を中心に、国際的な視野で物事を理解し行動するために、コミュニケーションツールとしての英語力を強化しながら、観光ビジネスに関する専門的な知識・技術を学びます。そのために、観光学および経営学を主とする「基礎科目群」と 3 つの専攻(観光ビジネス専攻、ホテル・ブライダル専攻、エアライン専攻)に関する「基幹科目群」、およびさらに発展的な学修につなげる「展開科目群」を編成します。

  • 語学教育においては、1~2年次では、英語運用能力の育成を行い、4技能の基礎を固めます。習熟度に基づくクラス編成をとり、定期的に外部テスト等を用いて進捗度を確認し、1年終了時 TOEIC450点取得(海外留学条件)、卒業までにTOEIC600点取得を目指して、段階的に英語力を強化します。また選択語学として中国語を重点的に配置し、2 年次より科目を基礎から段階的に設定し、習熟度に合わせた履修による語学力の育成をはかります。
  • 1 年終了時には、学生の希望や適性などを考慮して専攻を決定します。本学科では、次の3つの専攻を設定します。

1) 観光ビジネス専攻
観光を経営学的視点から捉え、既存の課題を解決し、新たな観光事業を企画立案する方法を学びます。

2) ホテル・ブライダル専攻
ホテル・ブライダルビジネスの専門的な知識・技能を身につけるとともに、マーケティングの視点と手法を活かした現場のマネジメントについて学びます。

3) エアライン専攻
エアラインビジネスの専門的な知識・技能を身につけるとともに、マーケティングの視点と手法を活かした現場のマネジメントについて学びます。

  • 2年次以降、専攻ごとに履修すべき科目を定めます。専攻の科目を履修することで、その専攻の教育目的に沿った科目を体系的に学びます。
  • 3年次以降はそれまでに学んだ専門的な内容をさらに発展的に学ぶための科目を履修します。
(3) 総合演習科目

総合演習科目は、2 年次以降に少人数の専門ゼミナールに分かれて、教室内での講義型学習と教室外での経験型学習を総合し、実践を通じて専門的な知識・技能を活用する能力を身につけます。

  • 2 年次と 3 年次に履修するプロジェクトマネジメント科目では、企業や外部団体と連携し、プロジェクトの実践を通じて課題発見・解決の手法と専門的な知識・技能の活用について学びます。
  • 4 年次で履修する卒業研究では、身につけた専門的な知識・技能を活かし、大学での学修を総合した集大成としての卒業研究を作成します。

2)教育方法

アクティブラーニングの視点を取り入れ、学生が能動的に学べる教育方法を実践します。主な手法は次の通りです。

(1) グループワーク等を重視した学習方法を取り入れます
教室内の講義型授業においてもグループワークやペアワーク、ディスカッションを活用します。これらの手法を通して、学生が協働して主体的・能動的に学びを深めていきます。

(2) 課題発見・解決力をつけるために経験学習を取り入れます
サービスラーニング、インターンシップ、グローバルスタディといった経験学習の機会を設定します。現実社会における課題を発見したり、知識・技能を用いて課題解決策を提案したりすることにより、経験を通じて学びを深めます。さらに、そこで得た経験を、「ふりかえり」を通じて教室内の講義型授業と連動させ、さらに次の経験学習につなげることで学びの内化・外化を活性化します。

(3) PBL(問題解決型学習)を取り入れます
企業や行政・外部組織等との協働による PBL を取り入れます。チームでプロジェクトを運営し、情報の収集と分析、企業や外部団体との連携、問題の発見と解決、そして連携先に対するプレゼンテーションまでを実践することで、ビジネスコミュニケーション力を身につけ、大学での学びの総合化をはかります。

(4) 学期中・学期末に評価のフィードバックを行います
学期中・学期末を通して評価を複数回行います。評価後のレポートや答案は可能な限りすべて学生に返却します。学習上の課題を明確にして、理解の向上に役立てます。

(5) ICT システムを利用した教育方法を取入れます
eラーニングシステムおよび eポートフォリオシステムを利用します。
eラーニングシステムは、予習・復習、小テスト、レポート提出、等に利用します。
eポートフォリオは、学修成果を蓄積し、自己の学修成果を自身で管理して、目標達成の裏付けや次の目標設定に利用します。

(6) ラーニング・ルートマップを用いて学生自身が計画をたてて学修を進めます
4年間の学修の流れを学修フローチャートで示します。また、専攻ごとの科目体系はカリキュラムマップで示します。学生は学修フローチャートやカリキュラムマップを参照し、卒業後の進路を考慮しながら、4 年間の計画を立て、ラーニング・ルートマップに表現します。随時、計画の遂行を確認し、必要があれば計画を修正しながら目標達成を目指します。

(7) 自己評価とふりかえりをします
目標・記録・評価の総合的ツールであるる e ポートフォリオを4年間かけて作成し、自己の学修成果と学生生活を自分自身で管理し、「ふりかえり」を行います。さらに、各学期末に KUISs学修ベンチマークの達成度について学生による自己評価を行い、アドバイザー教員との面談を通し、「ふりかえり」を深めます。

3)教育評価

それぞれの科目における評価、および、「卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)」に掲げる6つの目標に対する評価を次の考え方と方法で行います。

(1) 形成的評価を用いつつ、各学期の終わりに総括的評価を行います
各科目では、学修の成果を評価するためにテスト、レポート、プレゼンテーションなどを利用します。レポートやプレゼンテーションはルーブリック(評価表)を用いて評価します。評価は学期中にも行い、学生の理解状況を把握して補習を設定したり、学生へのフィードバックに利用します(形成的評価)。学期の終盤には総合的全体的な評価を行います(総括的評価)。成績評価はこれらの評価を組み合わせて多面的・総合的に行います。

(2) KUISs学修ベンチマークを定期的にチェックすることで到達度を確認します
半年に一度、卒業認定・学位授与の方針に掲げた力・資質について、その到達度を定められた評価指標(KUISs学修ベンチマークルーブリック)で自己評価を行い、教員と面談のうえ、自分の成長の確認をしてもらいます。

(3) 2年次終了時に到達確認試験により専門基礎知識の修得を確認します
2年次終了時には、専門基礎知識の修得度を確認し、卒業研究の履修能力を確認するために「到達確認試験」を行い、その合格を進級要件とします。

(4) 卒業研究によって卒業時の専門知識の修得を確認します
4年間の学修成果は、観光に関わる課題を扱った「卒業研究」(必修)によって総合的に評価を行います。在学期間が 3 年以上に達し、履修規程に定める GPA と修得単位数の条件を満たすことに加え、上記「到達確認試験」の合格によって、「卒業研究」の履修が 認められます。評価方法は複数教員が共通の評価指標(評価ルーブリック)を活用して行います。

3.入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

本学科では、「卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)」に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人物を求めます。

高等学校での修得が望ましい水準

[知識・技能]

(1)高等学校の教育課程を幅広く修得している。
(2)高等学校までの履修内容の「国語総合(現代文)」を通じて、日本語運用能力(聞く・話す・読む・書くことについての基礎力、漢字検定3級程度以上)を身につけている。
(3)基本的な英語力(英検準2級程度)を身につけている。具体的には、英語で日常の簡単な挨拶や自分の身の回りのことについて表現したり、まとまった英文を読んで理解したり、書いたりできる。
(4)基礎的数学力(数学Ⅰ・数学A程度)を身につけている。

[思考力・判断力・表現力]

(5)身近な社会の問題について、知識や情報をもとにして、筋道を立てて考え、その結果を説明することができる。

[主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度]

(6)観光について興味があり、観光ビジネスについての知識や技能を学び、社会で活かしたいという意欲がある。
(7)学校でのグループ学習、課外活動やボランティア活動等の経験があり、他の人たちと協力しながら、課題をやり遂げることができる。

[入学前教育]

(8)入学前教育として求められる、必要な基礎的知識を身につけるための e ラーニングプログラムに最後まで取り組むことができる。