特色ある教育

    博士後期課程

    入学者選抜の方針(アドミッション・ポリシー)

    看護学研究科 (以下、「本研究科」という) 、修了及び学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)並びに教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために、次に掲げる能力と意欲を備えた人を求めています。

    (1)看護師、助産師、または保健師として看護実践および看護教育の発展に寄与できる知識・技術を有している

    (2)看護実践で生じた課題を、研究活動と結びつけるための論理的かつ抽象的思考能力を有している

    (3)関心のある現象に迫るために、専門知識と実践力を生かして自ら行動し、変化を起こす意欲を備えている

    (4)グローバルな視点で研究と高度実践を行うために必要な語学力を有している

    教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)

    修了及び学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる研究能力と専門的技能の修得のために、次のような教育内容と教育方法を取り入れた授業を実施し、教育評価を行います。


    1.教育内容

    • (1)共通科目では、必修科目「看護学研究方法論」、選択科目「心理学研究方法応用論(看護学的研究)」で看護学に必要な研究方法を心理学的な視点を交え理解を深め研究能力を育成 する。また、必修科目「看護学教育論」、選択科目「看護学教育演習」では看護学教育の基 盤となる知識・技術を培う。
    • (2)専門科目では、療養支援看護学、家族支援看護学、生活支援看護学の専門分野毎に特論 を置き、専門分野に関する最新の知見・動向について理解を深め、文献のクリティークを通し看護学における課題を明確にし、エビデンスを活用する能力を育成する。
    • (3)「特別研究Ⅰ」では、看護学における課題を明らかにし看護学の体系化を目指し探求するための研究計画を立案する。「特別研究Ⅱ」では「特別研究Ⅰ」で作成した研究計画を用いて調査を行い分析し、得られた結果に基づいて博士論文の完成に至る過程を通して高度な研究能力を育成 する。


    2.教育方法

    • (1)フィールドワーク、実践体験を行う科目においては、実践上の課題について、理論と実践の融合を念頭に、実践と省察を繰り返しながら実践的研究法(アクションリサーチ)やケーススタディを用いた学修を行います。
    • (2)「特別研究Ⅰ」において専攻看護分野の課題の解決を志向する研究の意義・目的・調査方法・分析方法を丁寧に吟味し研究デザインの構築を行い、「特別研究Ⅱ」で調査を遂行し結果を分析し、博士論文の完成に至るよう指導する。
    • (3)学位論文の作成にあたっては、研究計画に従って指導教員から指導を受け、研究計画書提出後に公開中間報告会で看護学研究科全教員の助言を受け修正します。
    • (4)看護学研究科で行われる人または動物を対象とした研究は、全て関西国際大学研究倫理委員会に申請し審査を受け、承認を得て研究を実施し、論文の作成を行います。


    3. 教育評価

    • (1)学位論文は、公開中間報告会で指導教員以外の教員の評価により形成評価を受けます。
    • (2)専門知識・技能は、科目ごとに評価を受けると共に、最終試験で口頭試問により指導教員以外の教員の評価も受けます。
    • (3)学位論文は、主査1名副査2名以上の教員によって口頭試問を受け、評価ルーブリックを用いて評価され、公開博士論文発表会を行い審査されます。また、学修評価として以下の内容について判定を行います。①看護学における博士論文としての独創性と看護学の知識体系の構築への寄与、②研究の意義の明確化,③研究目的と方法の妥当性、④結果と考察の論理性、⑤自律した研究の遂行と博士論文発表会での論理的な意見交換、⑥研究倫理の遵守などの観点の評価ルーブリックを用いて審査委員会での審査の結果、妥当であると評価され、かつ最終試験(口頭試問)、博士論文の発表会を行い合格と判定されます。
    • (4)研究科委員会で課程修了の認定を受けた者に対して、学長が学位を授与します。

    修了の認定に関する方針 (ディプロマ・ポリシー)

    本研究科は、所定期間在学し課程に定める修了要件を充たすとともに、高度化する看護・保健・福祉の分野における課題を探求する、または高度な看護実践能力の獲得のために、次に掲げる研究能力と専門的技能を修得し、看護の質の向上に貢献できる研究及び実践能力を身につけた者に、課程の修了を認め、博士(看護学)の学位を授与します。


    • (1)専門知識・能力の修得: 看護学における理論や専門知識及び看護教育能力を修得し、看護教育に活用することができる
    • (2)問題発見力:看護における現象を深い学識をもとに捉え、看護学の発展に向けた課題を明らかにすることができる
    • (3)課題解決策への提案力:看護学の発展に寄与する研究を独立して推進することができる 
    • (4)論文作成能力:自律的・計画的・持続的に十分時間をかけて学位論文を作成できる 
    • (5)コミュニケーション能力:研究成果を公表・提言し、実践に還元することができる。さらに世界的視野から新規性のある課題に挑戦し、発信することができる
    • (6)社会の変革への挑戦力:学際的に協働し、リーダーシップを発揮し、社会の変革に挑戦することができる 
    • (7)倫理観:人々の尊厳と権利を擁護するために、複雑な倫理的課題を俯瞰的・批判的に分析し、新たな方略を提言することができる

    博士後期課程の特色

    1.看護職を続けながら、博士の学位の取得が可能

    本課程の入学者は、保健・医療・福祉分野の実践現場に就業している看護職者や大学等の教育機関に勤務している教育者の社会人を想定しています。社会人入学者のキャリア形成に応え、社会人が仕事を続けながら大学院で就学できるよう、大学院設置基準第14 条に定める教育方法の特例を実施します。本学は、その精神に沿って、夜間や土曜日、夏期や冬期の集中講義の受講などで長期履修制度を活用し、看護職として働きながら博士の学位取得ができます。

    laterstage.jpg

    2. 高度な看護学教育、研究・実践を目指すことが可能

    本研究科では、深い人間理解に基づき、新たな知見を国内外に発信し、必要に応じて心理学等の隣接学問分野における研究方法や分析方法をも適用し看護学の発展や看護実践の改善・開発に寄与できる自立した高度な看護学教育者、研究者、実践者を育成することを目指しています。

    ◆履修モデルと専門分野

    laterstage.jpg

    PDFデータはこちら⇒ (1488KB; PDFファイル)

    学費

    【博士後期課程】※修学年数3年で終了する場合

    項目 初年度納入額
    本学卒業生 他大学等卒業生
    入学金 入学手続時 免除 入学手続時 200,000円
    授業料(年間) 450,000円 450,000円
    450,000円 450,000円
    総額 900,000円 1,100,000円

    ※ 学費は2期の分納式です。

    ◇ 長期履修制度について

    仕事等を続けながら学ぼうとする社会人などに配慮し、入学時から標準修業年限を超える履修計画を立てて学ぶことができる制度です。


    希望する場合は、本学所定の様式(本学ホームページおよび WEB 出願サイトからダウンロードしてください)にて申請を行う必要があります。手続機会は原則として出願時のみとします。長期履修学生に対しては、学費体系についても考慮されており、学費(授業料)については別途定めています。なお、基本的には通常のカリキュラム・授業時間割を使用し、教育・研究指導が行われます。


    詳しくは、入試課(06-6496-4120)までお問い合わせください。

    入試情報

    資料請求

    研究領域および事前相談について

    研究分野は、療養支援看護学分野(急性看護学・慢性看護学・がん看護学)、家族支援看護学分野(小児看護学・母性看護学)、生活支援看護学分野(老年看護学・公衆衛生看護学)となります。


    出願を希望する方は、出願(出願手続き)に先立ち、希望する領域の指導教員と連絡を取り、入学後の研究・ 履修内容等について事前相談をしてください。

    博士後期課程の主な教員

    お問い合わせ先

    【コース内容について、看護学領域の決定など博士後期課程全般のご相談】
    看護学研究科
    研究科長 高見沢 恵美子 e-takamizawa@kuins.ac.jp

    注)修士課程への入学を希望される方は事前に必ず希望看護学領域の教員に連絡し、研究テーマの相談をしてください。

    ◆各看護学領域のご相談先

    >>>「博士後期課程」はこちら


    【資格審査の手続きや入試全般のご相談】
    関西国際大学 入試課(尼崎キャンパス)
    〒661-0976 兵庫県尼崎市潮江1-3-23
    • TEL:06-6496-4120 FAX:06-6496-4318 E-mail:exam@kuins.ac.jp

    設置キャンパス

    content_ph_01.jpg

    三木キャンパス
     〒673-0521 三木市志染町青山1丁目18番

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0006 

    兵庫県神戸市中央区諏訪山町3番1号

    TEL 078-341-6060(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.