特色ある教育

    博士前期課程

    入学者選抜の方針(アドミッション・ポリシー)

    看護学研究科 (以下、「本研究科」という) は、修了及び学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)並びに教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために、次に掲げる能力と意欲を備えた人を求めています。


    (1)看護師、助産師、または保健師として看護を実践できる知識・技術を有している

    (2)看護実践で生じた課題を、論理的に表現する能力を有している

    (3)看護実践で生じた課題の解決に意欲を持っている

    (4)保健・医療・福祉分野の基礎的英語能力を有している

    教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)

    修了及び学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる研究能力と専門的技能の修得のために、次のような教育内容と教育方法を取り入れた授業を実施し、教育評価を行います。


    1. 教育内容

    • (1) 看護学研究方法論、看護倫理、フィジカルアセスメント論などの看護学の基礎的知識・技術を修得する科目群(共通科目)、専門領域における知識・技術を修得しフィールドワークを行う科目群(専門科目)、看護実践で生じた課題を調査分析し学位論文としてまとめる科目群(特別研究・課題研究)という3つの科目群で教育課程を編成します。
    • (2) 専門科目では、修士論文コースは、基礎看護学、急性看護学、慢性看護学などの専門領域ごとに特論と演習科目を置き、専門領域に関する最新の知見・動向について理解を深めます。
    • (3) 高度実践看護師コースにおいては、急性・重症患者看護専門看護師の認定試験受験に必要な科目を、体系的に配置します。

    (4) 本研究科の修了要件として、修士論文コースは「特別研究」を、高度実践看護師コースは「課題研究」を履修します。「特別研究」または「課題研究」では、看護実践で生じた課題を解決に向けて探求するための研究計画を立案し、研究を実施し、得られた結果に基づいて考察し、研究論文を作成します。


    2. 教育方法

    • (1) フィールドワーク、実践体験を行う科目においては、実践上の課題について、理論と実践の融合を念頭に、実践と省察を繰り返しながら実践的研究法(アクションリサーチ)やケーススタディを用いた学修を行います。
    • (2) 学位論文・課題研究の作成にあたっては、研究計画に従って指導教員から指導を受け、研究計画書提出後に中間報告会で看護学研究科全教員の助言を受け修正します。

    (3) 看護学研究科で行われる人または動物を対象とした研究は、全て関西国際大学研究倫理委員会に申請し審査を受け、承認を得て研究を実施し、論文の作成を行います。


    3. 教育評価

    • (1)学位論文・課題研究は、中間報告会で指導教員以外の教員の評価により形成評価を受けます。
    • (2)専門知識・技能は、評価を受けると共に、最終試験で口頭試問により指導教員以外の教員の評価も受けます。
    • (3)学位論文・課題研究は、主査1名、副査2名の教員によって、①看護の知識体系に構築・看護実践のエビデンスへの寄与、②研究の意義の明確化,③研究目的と方法の妥当性、④結果と考察の論理性、⑤報告会での明確な発表・意見、⑥研究倫理の遵守などの観点の評価ルーブリックを用いて審査委員会での審査の結果、妥当であると評価され、かつ最終試験(口頭試問)、修士論文・課題研究の発表会を行い合格と判定されます。

    (4)研究科委員会で課程修了の認定を受けた者に対して、学長が学位を授与します。

    修了の認定に関する方針 (ディプロマ・ポリシー)

    本研究科は、所定期間在学し課程に定める修了要件を充たすとともに、高度化する看護・保健・福祉の分野における課題を探求する、または高度な看護実践能力の獲得のために、次に掲げる研究能力と専門的技能を修得し、看護の質の向上に貢献できる研究及び実践能力を身につけた者に、課程の修了を認め、修士(看護学)の学位を授与します。


    • (1)専門知識・技能:人間と関わる専門職業人として必要な看護学に関する諸理論・技能を修得し、活用することができる
    • (2)問題発見力:専門領域の先行研究で十分に明らかにされていない研究課題を発見することができる 
    • (3)調査分析能力:看護学あるいは関連分野で使用される実験、観察、調査の手法を研究課題に沿って活用し結果を導き出すことができる 
    • (4)論文作成能力:研究成果を論理的な構成で実証的な論文としてまとめることができる 
    • (5)課題解決策への提案力:専門領域の現場における多様な課題を把握し、解決策を提案することができる
    • (6)コミュニケーション能力:専門領域の対象者、研究者または専門職者から国内外の必要な情報を収集し、自分の知識や考えを的確に表現・発信し、意見を交わすことができる 
    • (7)倫理観:研究における行動規範を遵守して研究を遂行し、現場では倫理的問題を的確に判断・調整することができる

    博士前期課程の特色

    1.看護職を続けながら、修士の学位の取得が可能

    大学院設置基準14条には、勤務しながら大学院に在籍し、修学を可能にする特例措置が謳われています。本学の看護学研究科は、その精神に沿って、夏期や冬期の集中講義の受講などで、看護職として働きながら修士の学位取得ができます。(修士論文コースのみ)

    kango_pic_03.jpg

    博士前期課程のカリキュラムは3つの科目群から編成されています。

     1.共通科目:  看護学研究方法論、看護倫理、フィジカルアセスメントなどの看護学の基礎的知識・技術を習得する科目群

     2.専門科目:  専門領域における知識・技術を習得しフィールドワークを行う科目群

     3.特別研究・課題研究: 看護実践で生じた課題を調査分析し学位論文としてまとめる科目群

    2. 専門看護師(CNS)コースを履修し、専門看護師をめざすことが可能

    急性・重症患者専門看護師をめざすクリティカルケア(ICU、CCU、HCU等)、救急看護の臨床経験を持っている者を対象に、2年間で38単位を履修する専門看護師(CNS)コースを開設いたしました。医療機関との密接な連携のもと、専門性の高いカリキュラムが展開されます。課題研究では、クリティカルケア、救急看護、急性重症患者看護専門看護師の役割等に関する課題について研究指導を行います。

    ◆修士論文コース

    看護学の学術理論および応用、最新の看護実践科学を学び、各専門分野・領域における看護の課題を科学的に探究し、看護実践能力と研究能力を培うことをめざすコースです。専門分野・領域を選択し、2年間で「共通科目」「専門科目」30単位以上を履修します。特別研究では、選択した専門領域で指導を受けて研究を実施し、修士論文を作成します。

    kango_pic_04.jpg

    <専門分野・領域>

    基盤看護学分野

    基礎看護学領域

    看護とは何か、効果的なケアとは、良好な患者―看護師関係とは、看護学基礎教育に求められるものは何か、等、臨床等での経験における気づき・思いを理論的・科学的に追究します。そこから明らかになった疑問・課題を研究に結び付け、研究の基礎的能力を身につけるとともに、看護の本質を探究し続ける基盤を育成することをめざします。


    療養支援看護学分野

    急性看護学領域

    急性看護学領域は、周手術期看護学、クリティカルケア看護学、救急看護学などの急性期にある患者・家族の生命の維持と回復をめざした看護について探求します。研究テーマは、急性期リハビリテーション、患者教育、トータルペインとペインコントロールなど急性期患者・家族の苦痛を緩和する援助、家族の代理意思決定支援、終末期医療の決定、倫理調整など、急性看護学領域の実践で生じる課題に取り組んでいます。


    慢性看護学領域

    慢性疾患や障がいをもちながら生活する人とその家族への看護によく用いられる概念や理論について探究するとともに、実践および研究への適用について検討します。具体的な研究課題として、心臓手術を選択するまでの高齢患者の思い、高齢患者が心臓手術を受けることを意思決定するプロセスを支える援助に取り組んでいます。


    がん看護学領域

    がん患者と家族への看護によく用いられる概念や理論について探究するとともに、実践および研究への適用について検討します。具体的な研究課題として、診断から治療過程におけるがん患者のゆらぎ、がんサバイバーのピア・サポートの活動を行う原動力の影響要因、がん相談支援センターを訪れるがん患者のニーズ、高齢がん患者が自分らしく生きようとする意思決定に影響する要因、進行肺がん患者の病の体験の意味づけなどに取り組んでいます。


    精神看護学領域

    精神看護学領域では、精神的な健康問題がある人達の看護支援、ストレングスモデル、自己決定、セルフケア、地域包括システムおよび支援、自殺対策、ビリーブメントケア、看護師自身のストレスマネージメントなど、メンタルヘルスに関連した理論や援助方法を科学的に探究し、実践の場で役立つ研究を検討します。研究テーマは、臨床での経験や興味に応じて設定し、その成果を臨床での看護活動に活かしていけるように取り組んでいます。


    家族支援看護学分野

    小児看護学領域

    少子化における子どもと家族を取り巻く社会状況をふまえ、子どもの成長発達の特性および家族の関係性、さらに健康に課題がある子どもとその家族を支えるための主な知見について学び、看護実践への活用方法を探求します。研究課題は履修生の関心をもとに子どもと家族に関わる現象を焦点化し、新たな知見を論文としてまとめます。


    母性看護学領域

    女性の健康、周産期における母子とその家族の健康をめぐる看護課題を探求し、現象の理解とともに看護提供方法の開発に取り組みます。その成果が、看護実践、看護教育、さらには看護管理や新たな政策提言等につながる研究になることを期待し、ともに学びを深めましょう。


    生活支援看護学分野

    老年看護学領域

    老年看護学は高齢者の人生経験や価値観を大切にし、尊厳のある生活を続けるための援助、あるいはその方らしい人生の最終章を送れるような関わりを、看護学の視点から研究開発していく領域です。これまでの高齢患者さんとの看護実践で感じていた思いを、研究テーマにつなげていけるようお手伝いしていきたいと思います。研究テーマ例は、病院や高齢者施設での認知症を持つ高齢者との関わりや家族の支援、在宅につなげる多職種ケア連携、エンドオブライフケアなど、多岐にわたります。


    在宅看護学領域

    在宅看護は、近年在宅療養者数や多様なニーズの増加等により重要な役割を担い、その質的向上が求められています。在宅看護学領域は、訪問看護、在宅医療、在宅ケアに関わる課題について、広く研究を行う領域です。研究テーマでは、あらゆる健康状態にある療養者と家族に対する支援や経営管理、職務満足、現任教育、緊急時対応、看護判断力を高める教材開発等訪問看護実践に求められる課題等に対して、研究を行っている領域です。


    公衆衛生看護学領域

    地域で生活するあらゆる健康レベルの人々への健康支援、疾病予防および健康課題を解決するための方策を検討するとともに健康問題を抱え地域で暮らしつつ療養する人々への効果的なケアの開発および地域全体のケアシステム構築について探求します。具体的な研究課題として保健師による虐待防止への支援やケアシステムづくり、発達障害児・家族への支援および地域で療養している人々・家族への支援、健康格差の課題などに取り組んでいます。

    ◆専門看護師(CNS)コース

    急性・重症患者看護専門看護師をめざす クリティカルケア(ICU、CCU、HCU等)、救急看護の分野で5年以上の臨床経験をもっている看護師を対象に、2年間で38単位を履修する専門看護師(CNS)コースを開設しています。医療機関との密接な連携のも、先進医療に対応した専門性の高いカリキュラムが展開されます。

    課題研究では、クリティカルケア、救急看護、急性・重症患者看護専門看護師の役割などに関する課題について、研究指導を行います。

    大学院修了後、クリティカルケア、救急看護等の分野で、急性・重傷患者のケアに携わり、専門看護師の役割に関する臨床事例等をまとめることにより、日本看護協会の急性重症看護専門看護師認定試験受験資格審査を受けることができ、一次審査(書類審査)に合格すれば二次審査を受験できます。

    kango_pic_05.jpg

    <充実した実習・演習>

     ICU、CCU、SCU、救命救急センター、救急部等でクリティカルケアを行っている病院で実習し、高度な実践・コンサルテーション・コーディネーション・倫理調整・教育・研究などの専門看護師の役割について、臨床で活躍している急性・重傷看護専門看護師等から指導を受け、専門看護師をめざし、臨床実践能力を高めます。さらに、看護実践内容をケーススタディーとしてまとめる過程を通して、専門看護師としてのケアの在り方を検討します。

    学費

    【博士前期課程】

    項目 初年度納入額
    本学卒業生 他大学等卒業生
    入学金 入学手続時 免除 入学手続時 200,000円
    授業料(年間) 450,000円 450,000円
    450,000円 450,000円
    総額 900,000円 1,100,000円

    ※ 学費は2期の分納式です。
    ※ 専門看護師(CNS)コースの実習費については別途徴収します。

    ◇ 長期履修制度について

    仕事等を続けながら学ぼうとする社会人などに配慮し、入学時から標準修業年限を超える履修計画を立てて学ぶことができる制度です。


    希望する場合は、本学所定の様式(本学ホームページおよび WEB 出願サイトからダウンロードしてください)にて申請を行う必要があります。手続機会は原則として出願時のみとします。長期履修学生に対しては、学費体系についても考慮されており、学費(授業料)については別途定めています。なお、基本的には通常のカリキュラム・授業時間割を使用し、教育・研究指導が行われます。


    詳しくは、入試課(06-6496-4120)までお問い合わせください。

    入試情報

    資料請求

    研究領域および事前相談について

    研究領域は、基礎看護学(基盤看護学分野)、急性看護学・慢性看護学・がん看護学・精神看護学(療養支援看護学分野)、小児看護学・母性看護学(家族支援看護学分野)、老年看護学・在宅看護学・公衆衛生看護学(生活支援看護学分野)となります。

    なお、療養支援看護学分野の急性看護学領域については、専門看護師(CNS)コースが併設されています。


    出願を希望する方は、出願(出願手続き)に先立ち、希望する領域の指導教員と連絡を取り、入学後の研究・履修内容等について事前相談をしてください。

    博士前期課程の主な教員

    お問い合わせ先

    【コース内容について、看護学領域の決定など博士前期課程全般のご相談】
    看護学研究科
    研究科長 高見沢 恵美子 e-takamizawa@kuins.ac.jp

    注)修士課程への入学を希望される方は事前に必ず希望看護学領域の教員に連絡し、研究テーマの相談をしてください。

    ◆各看護学領域のご相談先

    >>>「博士前期課程」はこちら


    【資格審査の手続きや入試全般のご相談】
    関西国際大学 入試課(尼崎キャンパス)
    〒661-0976 兵庫県尼崎市潮江1-3-23
    • TEL:06-6496-4120 FAX:06-6496-4318 E-mail:exam@kuins.ac.jp

    設置キャンパス

    content_ph_01.jpg

    三木キャンパス
     〒673-0521 三木市志染町青山1丁目18番

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    三木キャンパス(大学本部)三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0006 

    兵庫県神戸市中央区諏訪山町3番1号

    TEL 078-341-6060(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.