特色ある教育

    三つの方針

     平成28年3月31日付文部科学省高等教育局長より通知のあった「学校教育法施行規則の一部を改正する省令の公布について」を受け、本学では三つの方針を策定致しました。

     今回の改正は、大学及び高等専門学校が、自らの教育理念に基づき、育成すべき人材像を明確化した上で、それを実現するための適切な教育課程を編成し、体系的・組織的な教育活動を行うとともに、当該大学等の教育を受けるにふさわしい学生を受け入れるための入学者選抜を実施することにより、その使命をよりよく果たすことができるよう、全ての大学等において、その教育上の目的を踏まえて、「卒業の認定に関する方針」、「教育課程の編成及び実施に関する方針」及び「入学者の受入れに関する方針」(三つの方針)を策定し、公表することを求めるものとなります。

    社会学部社会学科“三つの方針”

    1.卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

     社会学部社会学科(以下、「本学科」という)では、本学の課程を修め、126 単位の単位修得と必修等の条件を充たし、学校法人濱名山手学院の教育ミッションにもとづき、グローバルな視野に立った教養と社会学・データサイエンスに関する専門知識・技能、および、以下の 6 つの力・資質を総合的に活用して、広く社会に貢献できる素養を備えた人物に学士(学術)の学位を授与します。

    • (1) 自律的で主体的な態度(自律性)
       所属する集団・組織における自らの役割を自覚し、責任をもって行動することができる。
      (2) 社会に能動的に貢献する姿勢(社会的貢献性)
       他者を尊重し、協働しながら、集団・組織の目的達成に貢献することができる。
      (3) 多様な文化やその背景を理解し受け容れる能力(多様性理解)
    •  多様な社会的背景や価値観を持つ人々を理解し、違いを尊重しながら行動できる。
      (4) 問題発見・解決力
       社会のさまざまな事象について深く考えて課題を発見し、論理的に解決・改善についての提案ができる。
      (5) コミュニケーションスキル
       他者との対話・交渉の際に、根拠にもとづいた論理的な主張を行うことができる。
      (6) 専門的知識・技能の活用力
       社会の実態を理解するために、社会学の知識、および社会調査やデータ分析の手法を適切に活用することができる。
    • 2. 教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)
    •  本学科では、卒業の認定に関する方針に掲げる知識・技能などを修得できるように、4年間の教育内容を体系的に編成し、教育方法を工夫して、達成状況を評価していきます。

    • 1)教育内容
      本学科の教育課程は、基盤教育科目と専門教育科目で構成し、科目内容に応じて分類し、基礎から応用へ段階的に学べるように編成します。
      科目の段階的編成を明確にするために、すべての科目に内容と難易度を表現する記号と番号を付するナンバリングを行い、教育課程の体系と履修の優先度を明示します。
      基盤教育科目と専門教育科目の内容は以下の通りです。
          • (1) 基盤教育科目
             基盤教育科目では、大学での学修に必要となる基本的なスキルを身につけるとともに、生涯にわたって活躍し、豊かな人生を送るための基盤となる教養やスキルを修得します。
            基盤教育科目は低学年を中心に編成し、以下の内容について学びます。

    ①KUISs ベーシックス科目群では、初年次教育を通して大学への適応をはかるとともに、レポートの書き方や批判的な思考など大学の学修において必要となる基本的な学習スキルやコミュニケーションスキルを修得します。また、必修科目「評価と実践Ⅰ」「評価と実践Ⅱ」では、評価の意義と重要性を理解し、4 年間を通じて自分自身の学修の成果に関する自己評価を行います。また、卒業後の進路を見据えたキャリア形成を養います。

    ②コモンベーシックス科目群では、グローバル社会で公用語となっている英語を用いたコミュニケーション能力の獲得をはかります。英語科目では、習熟度にもとづくクラス編成をとり、定期的に外部テスト等を用いて進捗度を確認していきます。また、第二外国語としてアジア言語から中国語と韓国・朝鮮語を学ぶ科目を配置します。さらに生涯を通じた健康づくりや、スポーツを通じて、年齢や人種を超えて他者との連帯感を涵養するために、生涯スポーツ科目を配置します。
    ③リベラルアーツ科目群では、まず全学共通の必修科目「人間学」で、「人間とは何か」を問いつつ、多面的・多角的に人間や生き方を考えます。そのうえで、「人間の理解」、「社会と生活」、「科学と生活」の3つの各領域をテーマとする科目の履修を通して、「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」などで挙げられている現代社会における諸問題を理解するための基本的な視点と考え方を学びます。また、サービスラーニング及びグローバルタディなど、経験学習の手法を用いて、国内外における地域貢献活動への参加を通じて、社会的な問題について理解し、解決策について考えます。


    (2) 専門教育科目
    専門教育では、社会学およびデータサイエンス領域の「基礎科目」群と2つの専攻(社会学専攻、データサイエンス専攻)の中心となる「基幹科目」群、基幹科目をさらに発展的な学修につなげる「展開科目」群、およびこれら 3 つの科目群と補完関係にあり、大学での学びの集大成へと導く「総合演習」科目群を編成します。


    ①1年次には、社会学のものの見方・考え方の基本、および、社会調査とデータサイエンスの基礎など「基礎科目」を中心に学びます。
    ②1年終了時点で専攻を選択します。本学科では、次の2つの専攻を設定します。

    1) 社会学専攻
    行政や民間の諸機関における立案・調査・研究等ができるように、社会調査の方法論とスキルを学び、その活用力を身につけます。
    2) データサイエンス専攻
    イノベーションの創出に寄与するデータ分析ができるように、データサイエンスやデータエンジニアリングの基礎知識とスキルを学び、その活用力を身につけます。

    ③2年次以降は、専攻ごとに履修すべき科目を定めています。専攻の科目を履修することで、自身の目的の達成に役立つ科目を体系的に学びます。
    ④2年次以降、現実の課題について気づきと理解を深めるため、教室外での活動を伴う演習科目を配置し、教室での学びと現場での経験を統合していきます。


    2)教育方法
    学生が主体的・能動的に学べるようにアクティブラーニングの視点を取り入れた教育方法を実践します。主な手法は次の通りです。


    (1) グループワーク等を重視した学習方法を取り入れます

     教室内の講義型授業では、グループワークやペアワーク、ディスカッションを活用します。これらの手法を通して、受講生同士が協働することで、学生一人ひとりが主体的・能動的に学びを深めていきます。
    (2) 課題発見・解決力をつけるために経験学習を取り入れます
     サービスラーニング、グローバルスタディ、ソーシャルデザイン実践演習といった経験学習の機会を設定します。現場(フィールド)では、社会調査の方法論やスキル、あるいはデータ分析の手法を用いて課題を発見したり、デザイン思考などの発想法を用いて課題解決策を提案したりします。フィールドに出る前後には事前学習と事後学習の機会を設け、経験からの学びを次の学習に活かします。
    (3) 学期中・学期末に評価のフィードバックを行います
     学期中・学期末を通して評価を複数回行います。また、評価後のレポートや答案は可能な限りすべて学生に返却することにより、学習上の課題を明確にして、理解の向上に役立てます。
    (4) ICT システムを利用した教育方法を取入れます
     e ラーニングシステムおよび e ポートフォリオシステムを利用します。
     e ラーニングシステムは、予習・復習、小テスト、レポート提出、等に利用します。
     e ポートフォリオには、学修成果を蓄積し、自己の学修成果を自身で管理して、目標達成の裏付けとしたり、次の目標設定に利用したりします。
    (5) ラーニング・ルートマップを用いて学生自身が計画をたてて学修を進めます
     4年間の学修の流れを学修フローチャートで示します。また、専攻ごとの科目体系はカリキュラムマップで示します。学生は学修フローチャートやカリキュラムマップを参照し、卒業後の進路を考慮しながら、自律的に 4 年間の計画を立て、ラーニング・ルートマップに表現します。随時、計画の遂行を確認し、必要があれば計画を修正しながら目標達成を目指します。
    (6) 自己評価とふりかえりをします。
     目標・記録・評価の総合的ツールである e ポートフォリオを4年間かけて作成し、自己の学修成果と学生生活を自分自身で管理し、「ふりかえり」を行います。さらに、各学期末に KUISs 学修ベンチマークの達成度について学生による自己評価を行い、アドバイザー教員との面談を通し、「ふりかえり」を深めます。


    3)教育評価

    それぞれの科目における評価、および、卒業の認定に関する方針に掲げる6つの目標に対する評価を次の考え方と方法で行います。


    (1) 形成的評価を用いつつ、各学期の終わりに総括的評価を行います
     各科目では、学修の成果を評価するためにテスト、レポート、プレゼンテーションなどを利用します。レポートやプレゼンテーションはルーブリック(評価表)を用いて評価します。評価は学期中にも行い、学生の理解状況を把握して補習を設定したり、学生へのフィードバックに利用します(形成的評価)。学期の終盤には総合的全体的な評価を行います(総括的評価)。成績評価はこれらの評価を組み合わせて多面的・総合的に行います。
    (2) KUISs 学修ベンチマークを定期的にチェックすることで到達度を確認します

     半年に一度、卒業認定・学位授与の方針に掲げた力・資質について、その到達度を定められた評価指標(KUISs 学修ベンマークルーブリック)で自己評価を行い、教員と面談のうえ、自分の成長の確認をしてもらいます。
    (3) 2年次終了時に到達確認試験により専門基礎知識の修得を確認します
     2年次終了時には、それまでの専門必修科目の学習内容の修得状況を確認し、「卒業研究Ⅰ」「卒業研究Ⅱ」及び「卒業論文・制作」を履修する基礎レベルが修得できているかを確認する「到達確認試験」を行い、その合格を進級要件とします。
    (4) 「卒業論文・制作」によって卒業時の専門知識・技能の修得を確認します。
     在学期間が 3 年以上に達し、履修規程に定める GPA と修得単位数の条件を満たすことに加え、上記「到達確認試験」の合格により、「卒業研究 I」「卒業研究 II」及び「卒業論文・制作」の履修を認めます。「卒業研究 I」及び「卒業研究 II」の担当教員の指導のもと、「卒業論文・制作」で作成・制作する最終成果物 に 4 年間の学修成果を表します。最終成果物は、複数教員がルーブリックを用いて総括的に評価します。

    3.入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

    (求める学生像)
    本学科では、「卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)」に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人物を求めます。

    (高等学校での修得が望ましい水準)

      • [知識・技能]

        (1) 高等学校の教育課程を幅広く修得している。

        (2) 高等学校までの履修内容の「国語総合(現代文)」を通じて、日本語運用能力(聞く・話す・読む・書くことについての基礎力、漢字検定3級程度以上)を身につけている。
        (3) 基礎的英語力(英検3級程度)を身につけている。
        (4) 基礎的数学力(数学Ⅰ・数学 A 程度)を身につけている。
        [関心・意欲]
        (5) 社会のさまざまな事象や問題に関心を持ち、それらの関係性や解決策について考える意欲を表すことができる。
        [思考力・判断力・表現力]
        (6) 身近な社会の問題について、筋道を立てて考え、説明することができる。
        [表現力]
        (7) 自分の経験や考えを的確に表現し、伝えることができる。
        [主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度]
        (8) 積極的に他者と関わり、対話を通して理解しようと努めることができる。
        [入学前教育]
        (9) 入学前教育として求められる、必要な基礎的知識を身につけるための e ラーニングプログラムに最後まで取り組むことができる。

    奨学金

    サッカー部

    硬式野球部

    硬式テニス部

    大学ポートレート

    神戸山手キャンパス神戸山手キャンパス

    650-0006 

    兵庫県神戸市中央区諏訪山町3番1号

    TEL 078-341-6060(代表)

    アクセスはこちら


    尼崎キャンパス尼崎キャンパス

    661-0976

    兵庫県尼崎市潮江1丁目3番23号

    TEL:06-6498-4755(代表)

    TEL:06-6496-4120(入試課)

    アクセスはこちら

    三木キャンパス三木キャンパス

    〒673-0521

    兵庫県三木市志染町青山1丁目18番

    TEL:0794-85-2288(代表)

    アクセスはこちら


    Kansai University of International Studies ©All rights reserved.